まるで夜空の流れ星

満点のあの星空に もし神様がいるなら

しめちゃんは生まれ変わらなくても天使だった件。 〜Summer Paradise 2018 8/21 1部 Travis Japan公演 レポ

どうも。

 

ドラマ「49」発の女装ユニット「チキンバスケッツ」のカイリーちゃん(七五三掛くん)に一目惚れして早4年……ついに!!!!念願の!!!!

f:id:aishige_mari:20180908221847j:image

Travis Japanの単独公演に行ってきた!!!!管理人がサマパラ後忙しく、レポ更新が遅くなって誠に申し訳ない。

24時間テレビ決定でSexy Zoneのサマパラがなくなることが確定し、「今年の夏の現場は無しか…」と途方に暮れていた矢先に発表されたトラジャのサマパラ、今までJr.公演に抵抗があって足が重かった私も、流石にこれは行かないわけには行かないと遂に動いた。動いて良かった。テレビやスマホでいつも見ていたバッキバキのシンクロダンスをあの至近距離で見られて、天使のように可愛い七五三掛くんを生で見られて幸せすぎた…。七五三掛くんは生まれ変わるまでもなく天使だったよ。うん。尊先の相葉くんと同じ天使ちゃんだよ。大体の曲の感想が「ダンス揃いすぎてやばい」「しめちゃんが可愛すぎる」に行き着いてしまうので、特筆したい事項がある曲だけを選んでレポを書く。セトリのすべての曲を書くわけではないので、公演ですべて歌われた曲が書かれたセトリはこちらの記事を参照→Summer Paradise 2018 8/21 1部 Travis Japan公演 セトリ - まるで夜空の流れ星 

 

幕が上がっていない状態でメンバーが煽る。

宮「どうもー!宮近です!Travis Japanは急上昇急降下するアトラクションです」

閑「どうも!しーくんです!今日は最高の笑顔で楽しんで下さい!」

海「中村海人です!うみんちゅです!皆俺らについてこい!」

七「しめちゃんだよ!名前呼んでね!せーの!」

\しめちゃーん!/

七「皆大好き♡」

如「おはようございます、今日も如恵留です!トラジャコールありがとう!」

倉「どうも松倉海斗です!皆、鳥のように自由に羽ばたいてくれよ!」(?)

元「元太でーす!俺の沼に引きずり込んでやるぜ」

 

1曲目は今回のコンサート全公演を通したテーマソング『Summer Paradise』。横並びに座ったメンバーが登場で大歓声!!!

 

2曲目の『仮面舞踏会』では宮近くんが、

宮「さぁ始まりました、Travis Japan公演!いい感じにTravis Japanは仕上がっております!メイクのノリも順調です!みんなはどうですか?…可愛いね!」

 

オリジナル曲『Happy Groovy』ではコールのテロップが付いていて、動画(Travis Japan【ファンコール講座】コンサートが100倍楽しめる! - YouTube)を見たもののやっぱりちょっとあやふやな私のようなオタクに優しかった(そこ)

 

オリジナル曲『夢のHollywood』はステッキ無しバージョン。また機会があればステッキ有りのHollywoodバージョン(?)も見てみたい。

 

本家の曲を聴き慣れていて個人的に注目していた嵐の『インザルーム』では、チェアダンスのメンバーとタップダンスのメンバーで分かれてた。七五三掛くんはsexyにチェアダンスしてたぜ。

 

ユニット曲はトリプルカイト以外で『Maybe』、トリプルカイトでKis-My-Ft2『Up & Down and Up & Down, yo Dance!』。4人の方はコンテンポラリーダンスを取り入れていて見入ってしまった。如恵留くんが凄い動きしてた(言語化できない)。トリプルカイトはサングラスしてイケイケなパリピって感じ。

 

V6の『Wait for you』はスタンドマイクを使って歌っていて、以前少クラで披露されていたものとは違った演出だった。

 

そして前半で藤井担の血が一番滾ったのが!!!!ジャニーズWEST『one chance』!!!!!選曲が既に超!!!!!イイ!!!!!(cv.葵伝二郎) 7人だから薄目で見れば最早本家(最早本家)。七五三掛くんは小瀧くんのパート歌ってたよね?メンカラピンクだね!!!そして流星くんのセリフガチャは今回は閑也くんだったよ!!!!超イイーーーーー!!!!(落ち着け) ということで私の初生「超イイ」は閑也くんに掻っ攫われた。超イイ…

 

MC。

海「お手洗いどっち?」

宮「え、どっち?(大小)」(コラ)

閑「風呂入ってないのにベット乗んなよ」

海「それ俺が1番嫌いなの!だからこの話やめよ。はいどうぞ」(振りが雑)

 MCの舞台は海の家。

宮「でもこの海の家、お客さんがいません!」

如「閑古鳥が鳴いてるね」

TJ「??????」

宮「え、がんこちゃん?いけいけがんこちゃーん♪」

閑「いけいけがんこちゃーん♪」

宮「ざわざわ森がざわざわしてますね」

海の家にあまりにもお客さんが来ないので、「トラスタグラム」で海の家をPRしようと言う企画。

?「トラスタグラムは知ってるよね?」

\い…いえーい…(正直なトラジャ担)/

?「それっぽいものを知ってたら知ってるってことにしといて!(汗)」

PR対決はチーム戦。

宮「まずは如恵留松松チーム!」

元「ママ〜」

如「ママだよ〜今日のおやつは何にする?」

倉「ドーナツ」

元「グミ」

宮「そしてスジヤチーム!」

 PR対決は毎回テーマが決まっているようで、今回のテーマは「きれいなお姉さん見つけたよ」。

閑「いっぱいいるじゃん、ここ(客席)に」

\…フー/

閑「今ちょっと時差あったよね?俺が言うことじゃなかったんだ…」

宮「台湾くらいあったよ、プラマイ1時間くらい」

?「そんなないわ」

まずは如恵留松松チームの写真。お姉さん役なのになぜか上裸の如恵留くん。

宮「パイ隠せてないよね」

倉「ガタイがよすぎる」

元「パイは前のピンク(手に持ってたハートの風船)だから」

宮「パイが照れて赤くなったのかな?」

\………/

如「俺下ネタは回収できない」

元「ママしっかりして」

続いてスジヤチーム。プライベートのインスタか!ってくらい盛れてる3人。そしてなぜかアプリで文字が入れられている。

倉「海人ニヤニヤしすぎ!あと文字入れるな」

七「心が出ちゃったよね」

?「しめどこ向いてんの」

七「唐揚げ食べてた」

観客の「映え〜」の声で勝敗を決める。スジヤチームの方が声が大きい。

閑 (勝った!!!)とガッツポーズ。

海「勝ったスジヤチームは一発ギャグやってください」

閑「おしりかじり虫〜おしりかじり虫〜(後ろ向いてお尻フリフリしながら)」

海「ありがとうございました!(食い気味に強制終了)」

閑「おしりかじったけど足折れたよね」

海「今日めっちゃ面白いじゃん」

閑「勝ったのに負けた感じ」

宮「じゃあ(トリプルカイト以外の)4人はお客さん集めてきてね、カニに挟まれないでね!」

トリプルカイトでMC。

海「ハワイに行った時、海に石があって足を切っちゃったんだよね。 1時間位海に入れなかった」

宮「俺も切った。塩水がしみるよね。おいしかった〜」

\!?!?/

宮「食わねーよ!!!!」

カイト「あっはっはっはっはwwwwwwwww」

倉「この3人はダメだw」

宮「なんか高校の時を思い出す」

 

ここでA.B.C-Z『Summer上々!!』

 

再びMC。グッズ宣伝。まずはとらびすぢゃわん。

七「これで唐揚げ食うとめっちゃ美味いよ」

如「それお箸の時も言ってたじゃん」

宮「唐揚げを茶碗で食べないでしょ」

海「アクリルスタンドはですね、あっ(七五三掛くんのを落とす)」

宮「Show must go on!!!!! (フライングの真似)」

海「IKKOみたい」

宮「どんだけ〜〜〜〜」

アクスタと同じポーズを再現する七五三掛くん(世界一可愛い)。

海「生のほうがかわいい!生で見ても可愛い!みんな目に焼き付けて〜〜〜」

七 (両手でほっぺを触る)(世界一可愛い)

閑 (手を用意して七五三掛くんが顎を乗せるのを待つ)

海 (顎を乗せる)

閑「お前かよ」

見学者紹介。上手2バルに岩崎大昇くん、浮所飛貴くん。紹介されて大歓声。

海「俺らの時よりもきゃーってなるなよ」

岩「コンサート、とても楽しいです!」

海「大昇、まだTravis Japan好きなの?」

岩「大好きです」

海「じゃあ『It's BAD』踊ってみて」

岩 (手だけ踊る)

宮「それ「宮迫〜です!」じゃん」

?「あ、如恵留の親友だ!」

如「飛貴〜!」

宮「ドゥビドゥバドゥ!」

浮「え、見てくれたんですか!?ありがとうございます!」

下手2バルは根岸葵海くん、そしてみんな大好き谷村龍一くん。

如「差し入れもありがとね」

七「さっきあおりであっち行ったんだけど、谷村は座ってんのに俺見上げたもん」

とらまるの宣伝。

宮「とらまる〜〜〜〜」

閑「どんだけ〜〜〜〜」

海「すっくらげっちゅ〜〜〜〜」

宮「(ちゃんと宣伝する如恵留くんに)ちゃんとしゃべれるっていいね…」

カオス極まりないMCであった。

 

後半もとにかく踊りまくる。

 

関ジャニ∞『宇宙に行ったライオン』ではその場で真似できるようなオリジナルダンス

 

オリジナル曲『Dance With Me Lesson 1』では本来だったら振付師役の宮近くんがスマートに他のメンバーのポーズを直していくところが、

宮「(cv.IKKOで)こんにちは〜〜〜〜!!ん〜〜直してく〜〜!!あ〜〜いや〜〜!!たんたかた〜〜ん、ぽ〜〜〜ん!!!! (うみくんの手の下にかがんで立って)こんだけ〜〜〜〜!!!!」

直せ!!!!(笑)

 

終盤は松松が舞台「SHOCK」の楽曲を披露したり、1期メンバーが舞台「PLAYZONE」の楽曲を披露したり、それぞれのメンバーの原点とも言えるエンターテイメントをふんだんに盛り込む。最後の7人の『Guyz PLAYZONEは圧巻。ここまで1時間半くらい歌って踊りまくってるのに、この公演一番のキレだった…。You達…疲れという概念はないんかい…

 

そしてKinKi Kids『Family〜』では如恵留くんと宮近くんがソロパートをセリフにして言い、Hey!Say!JUMPの『Born in the EARTH』は個人的にエモで埋もれ(薮担)、嵐の『Power of the Paradise』で本編終了、アンコールは『Summer Paradise』

 

最後に公演直前に怪我をしてしまったうみくんから挨拶。

海「早く治してみんなと一緒に踊りたいです。待っててください。」

宮「語彙力3歳か」

 

こうして2時間弱の公演は終了。

 

いやぁ…七五三掛くんは天使のように可愛かったなぁ(結局そこに行き着く)。アクスタは買えなかったけど、七五三掛くんが目の前でポーズを再現してくれたから、私は大丈夫(何が) あ、そうそう、Jr.現場ってみんなキンブレ参戦なんだね…なんか女子アイドルのコンサートみたいで少し異様だった。去年は聡マリで行ったからTDCの距離感はわかってたけど、去年よりも更に席が良くて、えげつないくらいメンバーが近くに来て、贅沢だったなぁ。七五三掛くんを見失ったと思ったら近くに来てて二度見してごめんね(そこ) 相変わらず淡々と面白いことを言う七五三掛くんも、重心が低い七五三掛くんも、前髪が全くヨレない七五三掛くんも、ギチギチにダンスが揃ったトラジャも、MCがカオスなTravis幼稚園Japanも、今まで画面越しにみていたものが全部目の前にあって、足を運んでよかったなぁとゆるゆるトラジャファンは思いました。Travis Japanの公演、また行くね!またやってね!その時までにキンブレ買わなきゃ!