まるで夜空の流れ星

満点のあの星空に もし神様がいるなら

アラフェス2020に投票してきた件。

どうも。

 

アラフェス2020の開催が決定した。5月に国立競技場でのライブは決まっていたが、公演タイトルや開演時間などは未定で募集も行われていない状況だった。昨今色々と大変なことになっているが、ひとまず開催すると言ってくれて嬉しい。というのも、私事になってしまうが、開催日のうちの1日が私の誕生日なのである。倍率のことは考えたくないが、とにかく自分の誕生日に嵐がライブをしてくれるという事実だけでも嬉しい。

兎に角、アラフェスというからには、そう、セトリ決めのファン投票が行われている。早速私も投票してきた。今回は嵐のファンクラブ会員が投票対象で、シングル曲10曲、カップリング曲とアルバム曲各5曲をランク付けして投票するというもの。シングル曲とカップリング・アルバム曲の比率がおかしいだろというほぼ全ての嵐ファンからのツッコミは置いといて、私も気合を入れて投票曲を考えた。早速シングル曲から紹介していく。

 

○シングル曲

1位 PIKA★★NCHI DOUBLE

2004年リリース。これはまあ過去の嵐記事を参照してもらえれば一目瞭然だと思うが、私はひたすらに『PIKA★★NCHI DOUBLE』大好き芸人なのである。前回のアラフェスから5年経っても問答無用で1位の座を譲ることはなかった。

 

2位 Daylight

2016年リリース。この曲も純粋に好き。あとは5×20ツアーにセトリ入りしなかったこと、前回のアラフェス以降に発売ということで優先順位高めで投票。

 

3位 Sakura

2015年リリース。嵐でもっとも振付が好きな曲。5×20ツアーにセトリ入りしたもののサビのみだったのでせめてワンハーフで見せろということで3位にランクイン。

 

4位 Beautiful days

5位 Løve Rainbow 

6位 To be free 

7位 Crazy Moon 〜キミ・ハ・ムテキ〜

8位 Hero

9位 台風ジェネレーション

10位 We can make it!

4位→2008年、5位→2010年、6位→2010年、7位→2009年、8位→2004年、9位→2000年、10位→2007年リリース。この辺は殆ど「5×20ツアーセトリに入ってない曲の中で思いついた順」「5月の国立競技場で映える」「ついでにクレムンはもうちょっとダンスがみたい」ということでの選曲。順位をとりあえずつけたがこの辺りはもはや大差はない。

 

以上のシングル曲は全て主要音楽サブスクリプションで聴けるので気になる方は聴いてみてね。

 

カップリング曲

1位 いつまでも

2007年リリース「Love so sweet」収録。前回からカップリング1位も結局変わることはなかったな…。本当に好きなんだよね。なんだろう、この嵐にしか出せない特有の切なさだとか、翔くんのラップだとか、大野くんのフェイクだとか、嵐の歌唱的魅力を一気に堪能できる曲でもあるし。歌詞は割と悲しい失恋ソングなんだけどね。昔から好きだけど、最近になってちょっと歌詞の意味がわかるようになったわ。歳かしらね。

 

2位 STORY

2010年リリース「果てない空」収録。通常盤だけだったか初回に入ってるか忘れた。調べるの面倒くさい(おい) これも前回2位だか3位だか、かなり高順位で入れた記憶。これさ、「Beautiful World」ツアーのドーム公演のみでやったらしくて。でも映像に残ってるのは国立競技場公演だけなのね。だからなんとしてもこの曲を映像に残したい。普通に楽曲としてももう少しアレンジを盛ればシングル表題曲になっても謙遜ない曲だと思うし。

 

3位 揺らせ、今を

2010年リリース「Troublemaker」収録。今回選曲する上で割と「国立映え」を意識したんだけど、ふと「僕のみている風景」ツアーの国立競技場公演の映像見てこの曲を今見たくなったんだよね。五輪テーマ曲だったし、冬季だけど。自分自身元気もらった曲だし。10年越しに生で聞けたらめちゃくちゃ嬉しい。

 

4位 花

2016年リリース「Power of the Paradise」通常盤収録。まあアラフェスセトリ入りの可能性は限りなく低いだろうけど、嵐の優しい歌声が大好きなんだよね。その気持ちを伝えたくて入れました、はい。7年前の私だったらこんな曲好きにはならなかったと思う。歳かしらね(2回目)。

 

5位 Still...

2007年リリース「Happiness」収録。もうアラフェスで2回連続1位でもういいっていう人もいるかもしれないけどさ、歌詞を読んでごらんよ、これ今歌わなくていつ歌うの?中盤とかに歌われると立ち直れなくなるからもう本編ラストとかなんならアンコールの最後でもいいよ、こっちが立てないくらい泣き崩れて大丈夫なタイミングで歌ってください。私は国立競技場で心置きなく成仏できそうです。

 

◇アルバム曲

1位 Do my best

2008年リリース「Dream "A"live」収録。結局主要3部門1位が変わらなかったっていうね。前回も1位はこれでした。【結論】名曲は揺るがない。本当に元気が出る。嵐の曲って元気が出る曲多いけどトップクラスだね。てかこれ絶対みんな好きじゃん、「私この曲好きなんだ〜」って嵐ファンに言うと100%「分かる!」って返ってくるもん。これは1位ですね(暴論)「Dream "A"live」ツアーでアンコール1曲目だったと伺ってるのでぜひそのあたりで。

 

2位 途中下車

2004年リリース「いざッ、Now」収録。前回も2位だった記憶。ピアノのリフレインが電車に揺られてるみたいで大好きなんだよね。なんかもう好きすぎて語れない領域。なんとなく、野外ですごく聴きたい。

 

3位 空高く

2010年リリース「僕の見ている風景」収録。「国立競技場で聴きたい」と言う観点ではこの曲が断トツ1位。最後まで5人で活動し抜くと決めた嵐が歌うとまた歌詞の重さが変わってくると思う。

 

4位 遠くまで

2011年リリース「Beautiful World」収録。普通に好き。疾走感が気持ちいいし国立競技場で聴けたら最高だろうなって。

 

5位 Yes? No?

2005年リリース「One」収録。とにかくこのアルバムが好きで(過去記事参照)、正直もうこのアルバムの収録曲を生で聴けたら我が生涯に一片の悔いなしって感じなんだけど、特にこの曲が聴けたら天に召されていいなって感じです。

 

これらのアルバム曲も全て主要音楽サブスクリプションにて(以下略)

 

◎ソロ曲

相葉雅紀:Disco Star

2014年リリース「THE DIGITALIAN」収録。国立競技場でディスコスター教の儀式を行わずして嵐の活動休止は迎えられない、以上。

 

松本潤:Shake it!

2011年リリース「Beautiful World」収録。結局MJソロはシェケをもう超えられない、以上。

 

二宮和也:MUSIC

2015年リリース「Japonism」収録。めっちゃ好き、以上。

 

大野智:静かな夜に

2010年リリース「僕の見ている風景」収録。大野ソロそんなに今までハマらなかったんだけど、最近めっちゃ好き、以上。

 

櫻井翔:このままもっと

2011年リリース「Beautiful World」収録。ドラマ「山田太郎ものがたり」再放送を見て御村託也様にガチ恋していたあの日々を思い出したい、以上。

 

これらのソロ曲も主要音楽サブスクリプション(以下略)

 

総括するとこの7年で好きな曲は殆ど揺らがなかったこと、シングルは基本的に5×20ツアーで入らなかった曲に入れたこと、ソロ曲は割と前回と違う曲に入れたこと、かな。取り敢えず国立で\ディスコスター/って出来れば文句はないよ。ただ、ひとつだけ物申すとしたらなんでカップリングとアルバム5曲までやねんってことかな、曲数が少ないシングル曲に10枠も要らないからこっちに枠が欲しかった。これだけ気合入れて考えといて中止とか延期とか無観客になったら泣くから5月までにコロナウイルスに黙って滅びてもらうために手洗いダンスしなきゃね。

 

では。