まるで夜空の流れ星

満点のあの星空に もし神様がいるなら

Hey!Say!JUMP LIVE TOUR 2019-2020 PARADE 東京 12/28 レポ

どうも。

 

明けましておめでとうございます。2020年も気まぐれに投稿していこうと思いますので宜しくお願い致します。

 

f:id:aishige_mari:20200103172015j:image

 

さて、昨年の話になるが、「Hey!Say!JUMP LIVE TOUR 2019-2020 PARADE」の東京ドームの12/28公演に行ってきた。このツアーに入るのはこの公演で2回目なので、このレポでは前回行った際(ナゴヤドーム12/22公演)で見逃していた箇所や、日替わりのアドリブなどを中心に記録していこうと思う。よって、全体の流れや動きなどは省略するので、公演の詳しい流れを知りたい方は12/22の名古屋公演のレポ→Hey!Say!JUMP LIVE TOUR 2019-2020 PARADE 名古屋 12/22 レポ - まるで夜空の流れ星を参照して欲しい。それと合わせて読むとよりわかりやすくなると思う。

今回は名古屋の時と変わって3塁側の1回スタンドの10列目以内とかなり良い席で、外周やフロートが来たら間違いなく顔が確認できる距離だった。名古屋は1塁側だったので、そこから見た視点との相違点も記せたら記したい。

 

・OP映像

映像は特に変更なし。気づいたのは客電落ちる前からすでにJr.が外周練り歩いてたこと。

 

・Zombie Step
・パレードが始まる

『パレードが始まる』でいきなり3塁側外周にしめちゃんが来てめっちゃ騒いでしまった(笑)「しめちゃーーーん!!!」ってなってた直後に今度はフロートで薮くん来たもんだから2曲目ですでにバテ始める(体力無し)


ウィークエンダー
・Star Time

ウィークエンダー』では大サビ前Bメロで山田くんが有岡くんに「大ちゃん!」って煽ってた。あと『パレードが始まる』で先に1塁側から回ってたJr.が今度は3塁側に来た。まつくが来たのは覚えてる。『Star Time』は名古屋のレポで横花って書いた気がするけどメインステ寄りの縦花だった。間違えた。この曲の最後で上着を脱いでたことに気づいた。


・ファンファーレ!

歓声がすごかったあたりやっぱり人気ある曲なんだな、いい曲だよね。オシャレだし。サビ前恒例のやぶたかじゃんけんは薮くんがチョキ✌️、髙木くんがグー✊で髙木くんが遂にPARADEツアー初勝利。


・僕はVampire

・Ride With Me

・SUPERMAN

・Entertainment

・BANGER NIGHT

「次いかにも『僕はVampire』来ますよ」映像を挟みーの怒涛のダンスナンバー5連戦。曲前のしめちゃんカメラアピールバッチリ決めて何故か私がガッツポーズ。名古屋ではなんと笑いが起きてた『僕はVampire』だけど今回はしっかり歓声が起きてたね。若い子多いのかな(小声) ただ相変わらず山田涼介のセリフにおける仕草のエロさが凄まじいですね。山田涼介に血を吸われて天に召されるならそれは本望だ。名古屋の『Entertainment』で山田くんがやってたボタン一つ外しがなくなっちゃって寂しい。その後の公演では復活したのかな?でもボタン外そうと外さなかろうと山田涼介はエロかったのでOKです。にしてもいのやまの首輪付き(語弊)衣装相変わらずけしからんな。ありがとう。というかどの曲か忘れたけど伊野尾くん、衣装の首輪(だから語弊)アピールしてたよね。最早2年連続の『条件反射』(伊野尾くんのソロ曲)だった。ありがとう。てか自担の話をして?


・ぷぅのうた

アニメが意外とちゃんとしてて可愛いよね。てかウルぷぅのcvが堂本光一くんだとこの公演の後に発表されたけど、階段落ちとかShow must go onとか伏線結構あったのに全く気づかなかったんだが(笑)自分鈍感すぎて笑うわ。と言うかよく光一くんに「PAんにちPA!」とか言わせたなwwwww アフレコ風景を盤に収録してくだPAい。


・はな壱もんめ
・我 I Need You

外周に来たんだけど、『はな壱もんめ』では有岡くん、『我 I Need You』では伊野尾くんが見事に真正面に来てビビった…バミリがそこなんだね…。いのてりはもちもちしてて美味しそうだった(おい)


・SUPER DELICATE

また髙木くんが曲を止める。

雄「こんな格好でやりたくない」

知「冷静になって考えてみ、これがジャニーさんのやりたかったことじゃん!」

ぱぁ〜っと笑顔になる髙木くん(笑)ジャニーさんはぷぅをやりたかったらしい。大サビで伊野尾くんがカメラで抜かれた1回目にメガネを外そうとしたらカメラ切り替わっちゃって失敗してまた掛け直してて、2回目来た時はバッチリメガネを外してキャーキャー言われてて良かったね〜ってなった(誰目線)。裕翔くんやっぱり最後にヘッドホンぶっ飛ばす。

 

MCはこちら→Hey!Say!JUMP LIVE TOUR 2019-2020 PARADE 東京 12/28 MC - まるで夜空の流れ星

 

・Oh! my darling

大サビでメンバーが出てくるんだけど、知念くんが最後に「ご本人登場」みたいなテンションで登場して、メンバーも「知念さん!握手して下さい!」って握手求めて、知念くんは振付完璧に踊ってしまいには「wai wai Chinen」とか言い出して、山田くんが「え(  ˙-˙  )」ってなってた。要するに茶番。

 

本来の流れだとそのまま『アイノユウヒ』で縦花に行くはずなんだけどメインステージで裕翔くん先頭で1列になってて、「またスパデリやるん?」とか思ったんだけど(笑)いきなり「2/26発売のシングルからフォーチュンCMソングの〜」と言い出して客席パニック!!!!!

 

・Muah Muah(初披露)

新曲初披露!!!!やったね!!!!初見の印象としては、有岡くんが歌い出しとかフェイクっぽいパートを多くもらってて、有岡担的に美味しい曲だと思う。あと最後のセリフっぽいパート、山田くんかと思いきや伊野尾くんが勝ち取りました。CMでサビだけ聴くとキャッチーな曲なのかなと思ってたら結構色っぽい曲だった。リップのCMソングだからリップに関係ある単語が入ってた。色々じっくり聴きたいから早く音源出て欲しいな。ちなみにこの曲は裕翔くん主演ドラマ「僕はどこから」主題歌『I am』と両A面で2020/2/26にリリース。予約は確か1/6から開始なのでしばしお待ちを。


・アイノユウヒ

ここからいつもの流れに戻る。いのゆとパートで2人が熱烈なハグを決めてた。アツイね〜。


・め

また有岡くんが「ちょっとキツイわぁ〜」って感じで止まってしまう。しめちゃんかと思いきや八乙女くんに愛でるのをお願いして、

光「よしよし〜〜」

って頭撫でられるけど元気が出ず、今度はしめちゃんをご指名。

七「しめしめ〜〜〜、っめ!!!(ペシン)」

有「ちょっと強「「めっめめめめめめめ

髙木くんの吐息パートがとてもエロくて良いと思います。裕翔くん、ソロパートの「愛でろ」を完全に「目出ろ」のジェスチャーでやってて向かい側にいた伊野尾くんに大ウケしてた。伊野尾くん割と突然1人で大ウケしてることあるよね。「かわいくてごめんね」の部分でモニターに知念くんを抜いたの天才だと思うので今後もそれでお願いします。大サビでやぶゆとが腰を回しながらトラジャに絡みに行ってた(笑)やめなさい(笑)薮くん、そのあとフォーメーションが前列なのにバックのトラジャに絡みに行ってたもんだから最後全然間に合ってなかった(笑)一方で腰の回し方が完全に『僕はVampire』のそれだった山田涼介。薮くんの腰回しは完全に骨盤体操。

 

・Lock Lock/Travis Japan

・OVER

・Give Me Love

トラジャがオリジナル曲歌って、裕翔くんがソイヤして、八乙女くんが三味線ジャカジャカして、6人がお面パフォーマンスしたり、お面外す時やぶいのが同時に抜かれて湧いて、やまちねがフライングした。以上。


・Last Dance

斜め前の人がイントロ流れた瞬間「あ、好き…」って言ってた。分かる。Cメロ、やぶやまのハモリで2人とも別画面で抜いて、ハモと主旋律入れ替わると抜かれる画面も入れ替わるの天才だと思った。


・ミラクルワンダーマジック
・獣と薔薇

映像終わってやぐらゾーンに突入。あれなんだね、真横から見るとマジで誰も見えないんだね(笑)もう諦めて画面を見てた。『ミラクルワンダーマジック』の「Welcome to the wonderland」の山田くんが優勝してた。あれは完全に「Welcome to the Yamada land」してた。


・UTAGE Tonight‪

・パレードは終わらない

3塁側のフロート、如恵留くんがUTGフラッグ持ってた。あ、あとウルぷぅがUTGコールについて言ってたの今更知った(え) 『パレードは終わらない』の花火ウェーブが綺麗だった。

 

White Love

・メドレー(真夜中のシャドーボーイ→Dreams come true→Your Seed→Lucky-Unlucky→愛だけがすべて→COSMIC☆HUMAN→Come On A My House)

・明日へのYELL

White Love』の途中でしめちゃんがまさかの真正面に来たもんだから薮くんのフェイク普通に聴き忘れた(アホ) その後『愛だけがすべて』まで真正面にいたかな。ひたすらに可愛かった。踊りながらファンサもしてたし。『Come On A My House』で山田くんが見学席の橋本良亮くんにパーカー着せてたんだけどモニターが全く抜いてくれなくてちょっとキレた。『明日へのYELL』ではありたかが来た。

 

そんな感じでアンコールも終わり。いつも通り「俺たちが〜」\Hey!Say!JUMP/って銀テープ飛んできて終わり。捌ける直前に最後誰かが何かやって終わることが多いけど、今回は誰も何もしなかったな、寂しかった。銀テープ取れない芸人の私だけど今回は奇跡的に取れました!!!!!

f:id:aishige_mari:20200103172644j:image

デザインはこんな感じ。結構凝ってない?鮮やかだし、裏はお屋敷風のデザインが施されてる。あ、あと『パレードは終わらない』の金の紙吹雪も取れた。銀テープってすごい来るところはめっちゃ来るけど来ないところは全然来ないみたいに偏ってない?今回めっちゃ降ってきて、そんないらん〜って思ったから、近くで取れなかった人に一本ずつ譲った。譲った方がとても喜んでくださって、なんだか自分まで嬉しくなったから、銀テープシェア運動みんなも積極的にやっていこうぜ!!!!

 

全体的な総評としては、アルバムが全体的にゴシックの世界観だから、コンサートでもその世界観を忠実に守っていこうと言うのが感じられた。ただ、その割にはちょっと部分的に流れが悪いところが目立ったかな。例えば、3曲目の『ウィークエンダー』とかは正直いらないかなと思ったり。

あとは「ちょっとこの曲の配置する場所違わない?」って思ったところもあったかな。例えば、『はな壱もんめ』は絶対後半の和ブロックの方が良いと思ったし、その部分に今回セトリ落ちした『Love Equation』入れるのもありかなとか。

あと、前回の「SENSE or LOVE」ツアーでは、アリーナツアーとドームツアー合わせてセトリ落ちの新曲が1曲だけだったのに対し、今回は新曲数は減ったのにセトリ落ち曲が3曲に増えてて、ちょっとそこも惜しかった。特に『「I」』と『CALL&PRAY』はまさか落ちるとは思わなかった。他のグループを見ていても、アルバム新曲のセトリ落ちはあって1曲だから、その範囲で留めて欲しい。JUMPは特に山田くんや八乙女くんがやたら既存曲を大事にしたがってるけど、ファンはやっぱり新曲を楽しみにしてる人が多いと思うから、アルバム新曲は原則全部入れるつもりで考えて欲しい。

このコンサートの核っておそらく『ミラクルワンダーマジック』から『獣と薔薇』にかけてのやぐらブロックだと思うんだけど、新しい舞台装置を作ろうと一生懸命考えた心意気は褒めたい。だけど、結果的にその装置が4本の柱を必要とするなどかなり大掛かりなものになってしまったが故に動きが制約されてしまったり、メンバーがほとんど見えないアングルが生まれてしまったのはちょっと残念だった。せっかくコンサートが1番盛り上がる場所だっただけに、そこでメンバーが見えないと見ている側のテンションがかなり下がってしまう。個人的にはアルバムの新曲の中で1番好きな『ミラクルワンダーマジック』が一切踊らずに回転するだけの曲になってしまったのが非常に残念だった。振り付けめちゃくちゃ楽しみにしてたんだよね…。

今回地味にセトリ構成にかなり大きな挑戦がされていたと思っていて、「バンドコーナーを入れない」「ユニット曲を入れない」と言った、いわゆるJUMPコンの定番がなくなっていた。ユニット曲を入れないことによって必然的に全ての楽曲にメンバー全員が登場することになり、着替えの時間を作るためにはジャニーズjr.を利用したり、映像を流すことになるが、結果的にそれで集中力が一旦切れてしまうことがあった。やはりメンバーの誰かしらがステージ上に出ているのは結構大事なことなのかもしれないと感じた。

今回特に良かったと感じたところは、本編最後に『パレードは終わらない』でしめて、その直後のアンコールでオープニング衣装で登場すること。まさに本編最後の曲を体現していて、今までありそうでなかった斬新な演出だと思った。

あと全体的に衣装がおしゃれ!個人的に好みな衣装が多かった。特にオープニングの黒い衣装(ジャニーズカウントダウンでも着てくれてありがとう)。あ、でも2つ目の白いけしからん衣装(言い方)も捨てがたい…。

バックのTravis Japanも良い仕事をしていた。彼らのダンス力を見て、JUMPもいい刺激になったのではなかろうか。JUMPとTravis Japanがこれを機に仲良くなってくれたら掛け持ちの私はとても嬉しいし、JUMP担がトラジャに興味を持ってくれたり、トラジャ担がJUMPに興味を持ってくれたらもっと嬉しい!

 

ということで、福岡公演にはもう行かないので、私のPARADEはオーラスを迎えた。昨年より課題が多くなってしまったが、昨年出来なかったことが出来ていたり、今までやっていなかったことをやってみようと言う挑戦・向上心が見えた。PARADEのあと、もし現場が同時期になるとしたら恐らく圭人くんが復帰して3年ぶりに9人のコンサートが見られることだろう。今からすでに非常に楽しみだ。

 

では。