まるで夜空の流れ星

満点のあの星空に もし神様がいるなら

ジャニーズ楽曲大賞2018に投票してきた件。

どうも。

 

先日、ジャニーズ楽曲大賞2018の結果発表があった。ジャニーズ楽曲大賞の公式アカウントが動き始めると、「この季節がやってきたか…」とソワソワし始める楽曲大賞ガチ勢オタク。今年も投票から結果発表まで存分に楽しませてもらった。では、早速楽曲部門から自分の投票したものを、自分の実際に書いたコメントと投票結果順位付きで解説しようと思う。

 

♪楽曲部門♪

楽曲大賞のメインである楽曲部門。今年はJUMPがかなり曲数の多いオリジナルアルバムを発売したり、WESTが年始と年末に2枚アルバムを出したりで、好きな曲が大量発生して投票する曲を選ぶのにかなり悩んだ。悩みに悩んで選んだ5曲がこちら。

 

1位 プリンシパルの君へ/ジャニーズWEST(16位)

ファンは時に無力であり、自分の存在意義を自問自答する時がある。何も出来ないと無力感に襲われる時、「君は物語の主役だ」と自分を肯定してくれる存在、それこそがアイドルの真骨頂ではなかろうか。

f:id:aishige_mari:20190223021551j:image

3月発売のジャニーズWESTのシングル曲。ハニワが提供してくださった曲であり、小瀧くん主演の映画「プリンシパル〜」の主題歌である。この曲を初めてしっかりと聴いたのは「WESTival」ツアーの横アリ公演で、この時はこの楽曲の音源が解禁されていなかったどころか、発売さえ決まっていなかった。なので、いまいちこの曲の良さを理解しないままコンサートで聴いていた。そこから約1ヶ月後に音源が解禁された時、ストリングスをはじめたような楽器をふんだんに使用したハッピーなアレンジにアップテンポなメロディー、聴く者を肯定して励ましてくれる歌詞。なんて素敵な曲なんだ、と幸せな気持ちになった。音楽でリスナーを幸せにする。アイドルの使命を全うしているこの曲に、マイベストジャニーズソング2018の称号を与えたい。

 

2位 チョコラタ/Hey!Say!JUMP(19位)

コーティングされた黒いスーツも味を変えた白いシャツもどっちも嗜みたい欲張りでごめんなさい。天下の山田涼介様に「僕を食べて…」と言って頂ける背徳感にゾクっとしたファンは数知れず。

f:id:aishige_mari:20190223021612j:image

2月発売シングル「マエヲムケ」の通常盤初回プレスに収録。2018年のJUMPのカップリングで断トツの支持を集めたこの曲。セトリ入り効果も大きいとは思うが、私はセトリに入る前からこの楽曲がとても好きで、色んな人に推してた。この曲は聴く人によって「かわいい」派と「大人っぽい」派に分かれるようだが、私は圧倒的に後者。歌詞がまず凄く大人っぽい。それにジャジーなピアノのアレンジがさらに相乗効果をもたらしている。個人的に歌詞の推しポイントは、コメントにも書いたが、山田くんソロパートの「ボクを食べて…」。…いや、山田涼介に「ボクを食べて」って言われるの普通にヤバくない???(語彙) ライブでは裕翔くんが食べてた(参照→Hey!Say!JUMP LIVE TOUR SENSE or LOVE 東京ドーム 12/28 レポ - まるで夜空の流れ星) セトリ入りして本当に嬉しかった。というか終盤の薮くんのフェイク、えげつないくらい高くない?あれ地声ってかミドルボイス?で出せてるのえげつなくない?ミュージカルのオファーが来なきゃおかしい…って来てるじゃん!!!やったね!!!

 

3位 Journey/Hey!Say!JUMP(81位)

1人のメンバーが異国へ武者修行へ旅立ち、試練の時を迎えたJUMPがグループを守ると言う強い決意を持って冒険へ足を踏み入れる。栄光のパレードへ高らかに歌い華麗に舞う彼らは人々を魅了し続ける。

f:id:aishige_mari:20190223021618j:image

8月発売のアルバム「SENSE or LOVE」収録。この曲、実は最初そこまでピンと来てなかった。多分イントロがそんなにハマらなかったんだと思う。そんな『Journey』がランクインするほど好きになったきっかけがコンサート。この演出がめちゃくちゃ良かったのよ!!!「SENSE or LOVE」ツアーに最初に行ったのが10月の新潟・朱鷺メッセ公演だったんだけど、もうこの曲に対するイメージがガラッと変わった。こんなにJUMPを尊いと感じさせてくれる曲だったなんて…!!!また、この曲の歌詞をじっくり読んでみて、何となく「8人の決意表明」のように感じられて(参照→Hey!Say!JUMPの最新アルバム「SENSE or LOVE」が凄まじい件。 - まるで夜空の流れ星)。圭人くんが留学って聞いた時、我々ファンも不安になったけど、絶対メンバーも不安になった訳で。でも圭人くんが2年後戻ってくるって言ってるからには8人には2年間JUMPを守り続ける使命がある。負けていられないって高らかに宣言してくれているようで、こっちも応援に力が入る。頑張れ、Hey!Say!JUMP。

 

4位 最後のラブソング/Hey!Say!JUMP(113位)

ジャニーズの古典文学的存在であり懐かしさを感じる歌謡曲調のメロディに乗せて奏でられる、胸に決めた人に自分の溢れんばかりの愛を伝える情熱のラブソング。一度聴くと歌詞とメロディがクセになって全然最後に決められない。

f:id:aishige_mari:20190223021634j:image

8月発売のアルバム「SENSE or LOVE」収録。この曲も実は最初そこまでピンと来てなかったというか、最初他の曲が好きすぎてこの曲まで手が回ってなかった。聴き込むうちにアルバムが耳に馴染んできて色々シャッフルで聴いてるうちに、このJUMPのお得意の歌謡曲調がクセになって徐々にハマっていった。個人的に、1番のサビ前がゆやゆとの「水球ヤンキース」コンビ、2番のサビ前が薮くんのソロパートってのがめちゃくちゃ好き。歌割り天才。アリーナ公演ではセトリに入らなかったが、ドームツアーで見事セトリ入り。やぶたかセンターフィニッシュが最高だった、ありがとう。

 

5位 Find The Answer/嵐(26位)

この世界には答えがないものがある。彼らが創り出すエンターテイメントもその一つだ。かけがえのない存在により突き動かされた揺るがない感情が編み出す世界、それが彼らの出した自分なりの答えなのかもしれない。

f:id:aishige_mari:20190223021644j:image

2月発売のシングル曲で、松本くん主演ドラマ「99.9〜」の主題歌。このコメント、活動休止発表前に書いたんだよ…今だったら絶対違うこと書いてた…。知らないって怖い。もう活動休止発表前にどんな気持ちでコメントを書いたか、正直思い出せない。聴く時期や心境によって、受け取り方が大きく変わる。これが音楽の醍醐味であると同時に怖さでもある。今この曲を聴くと、大サビ前のCメロの歌詞「遠く伸びる それぞれの軌道 もしもいつか また出逢ったら きっと その時は もう一度 笑い合おう」がグサグサと心に刺さる。この部分、どういう気持ちで歌っていたの…?

 

惜しくも5曲に選ばなかったものの、候補に入った曲としてはKing&Princeの『シンデレラガール』Hey!Say!BESTの『スンダDance』Hey!Say!JUMPの『女王蜂』と『Jealous guy』。それぞれの惜しくも外れた理由としては、『シンデレラガール』は本当にめちゃくちゃいい曲だし、キンプリおめでとう!って感じだし、タイアップもMVも衣装も全部が大正解で大天才で2018年でトップ5に入るくらい再生したしCDだって買ったんだけど、「絶対みんな投票するだろうから、私が1枠割いて投票しなくてもいいかな」と思ったから。ごめんね。蓋を開けてみたら歴代最高の30000ポイントオーバーで断トツの1位。やはり。『スンダDance』はパラパラ大好きなWEST担スピリットにどストライクでこの曲も死ぬほど聴いたんだけど、コンサート演出があまりにもシュールだったので惜しくも落選です。これがWESTの『PARA! PARA! チャ〜ハン』みたいに超絶カッコいい衣装でやるか、『愛の奴隷』みたいにぶっ飛び切るかだったら入っていたかも。ごめんよ。『女王蜂』は歌詞と歌割りとジャズ風アレンジが大天才だし、『Jealous guy』もいい意味でスカスカのサウンドアレンジが大好きで更にコンサートの髙木くんの色気が凄くてコンサート演出も好きだった。この2曲が惜しくも外れた原因はランクインした2曲が年末にかけて驚異的な勢いで追い上げてきてしまったから…。ごめんなさい。

 

♯未音源部門♯

年々Jr.ユニットのオリジナル曲が増え、激しさを増す未音源部門。Jr.担の方は寧ろメインはこっちかもしれない。因みに未音源部門はコメントなし。すみません。

 

1位 Happy Groovy/Travis Japan(14位)

タイトル通りグルーヴ感が効いてるノリノリなナンバー。ライブではコールで盛り上がってとても楽しい。取り敢えず、ミュージカル「ハル」を観に行くJUMP担各位はこれらの動画を見て歌って踊るしめちゃんを見てくれよな!(誰目線)

Jr.祭りライブ動画→Travis Japan 「Happy Groovy」(「ジャニーズJr.祭り 2018」単独LIVE in 横浜アリーナ) - YouTube

定点カメラダンス動画→Travis Japan【ダンス動画】Happy Groovy (dance ver.) - YouTube

ファンコール講座動画→Travis Japan【ファンコール講座】コンサートが100倍楽しめる! - YouTube

 

2位 Lock Lock/Travis Japan(10位)

キスマイのバックについた際にキスマイ兄さん達からプレゼントして頂いた驚異的にカッコいいダンスナンバー。ただでさえハードな振り付けを倍速でこなす神業動画はファンならずとも必見。取り敢えずミュージカル「ハル」を観に行くJUMP担各位は(以下略)

Summer Paradiseライブ動画→Travis Japan「Lock Lock」(Summer Paradise 2018 in TOKYO DOME CITY HALL) - YouTube

定点カメラダンス動画→Travis Japan【ダンス動画】Lock Lock(dance ver.) - YouTube

倍速で踊ってみた動画(神業)→Travis Japan【倍速ダンス】「Lock Lock」倍速再生でダンスは難しい! - YouTube

ジャニーズカウントダウン2018-2019中継前ライブ動画(この曲は1分18秒から)→Travis Japan @ ジャニーズカウントダウン2018-2019 in 東京ドーム | 「夢のHollywood」「Lock Lock」 - YouTube

 

3位 Summer Paradise/ジャニーズJr.(17位)

今年のサマパラで初めてTravis Japanの単独公演に行けた者としてはこの曲はやはり外せない。サマパララ〜♪ しめちゃん可愛かったなぁ。

 

☆MV部門☆

各グループの神MVが軒を連ねるMV部門はこちら。

プリンシパルの君へ/ジャニーズWEST(9位)

私に「ジャニーズWESTはお笑い集団のイメージしかない」と言い放った友人にこのザ・関西のお笑い要素を一切抜いてひたすらチャーミングな多幸感を詰め込んだMVがついたCDを着払いで送りつける予定。

楽曲部門1位にも投票したこの楽曲をMV部門でもセレクト。2018年は氷漬けでジャニオタをざわつかせたSexy Zoneの『忘れられない花』とか、あまりのキラキラ具合に「目が…目がぁああああああああ」ってなるKing&Princeの『シンデレラガール』とか、この部門も候補が多かった。そんな中で、初めて見た時にものすごい多幸感に包まれたこの曲をセレクト。いや、楽曲部門でも書いたけど、本当に、幸せになれるんだって!!!曲を聴いただけで幸せなのに、MVを見たらもっと幸せになれちゃうの最高だね。

f:id:aishige_mari:20190223031829j:image

最初から「このMV絶対最高やん」感が凄い(語彙)。


f:id:aishige_mari:20190223031820j:image

りゅかみが可愛い。


f:id:aishige_mari:20190223031825j:image

しげりゅせが尊い(天召)(当方しげりゅせ担)


f:id:aishige_mari:20190223031834j:image

星を食べちゃう流星くんカッ…(頭抱)

 

○現場部門○

例年楽曲部門並みに投票する現場に頭を悩ませる現場部門。だって、それぞれの現場の良さが違うんだもん!!!もうこればかりは投票した時に「何を基準に選ぶか」で決めるしかない。今年選んだのはこちら。

 

ジャニーズWEST LIVE TOUR 2018 WESTival(9位)

ミラーボールから白薔薇を咥えて登場してお神輿出てきてプロポーズされて主役になれて執事とメイドにもてなされてイケメンカメラ目線始まって乗り越して格闘技して不倫してチャーハン炒めてパラパラ踊ってHey!DJ!ってなるコンサートです。

採用されました↓

今回は「純粋に自分が一番テンションが上がったコンサートはどれか?」という基準で考えた。その結果、WESTivalツアーかなと。WESTivalツアーについて説明しようと思ったけど、私のコメントが全てです。いや、マジで。採用されるとリツイート先の空リプが気になっちゃうタイプだからRT先に飛んでみたんだけど、参戦した方は「何言ってるかわからんと思うがその通りなんだよな…」って賛同してくださっていて、他担の方は「どんなコンサートなんだ…」って気になってくださっていて、ありがたいというか、率直に嬉しかった。まさか締め切り直前にバーーーッと適当に書いたコメントが採用されちゃうとは…。本当に終始振り回されるというか、緩急が凄いコンサートで、全然心が飽きなくて、終始刺激的だった。楽しかった!!!気になる方は是非レポを読んでください↓

Festival of Johnny's WEST〜ジャニーズWEST LIVE TOUR 2018 WESTival 1/4 横アリ 1部 レポ - まるで夜空の流れ星

WESTival NIGHT part2〜ジャニーズWEST LIVE TOUR 2018 WESTival 1/6 横アリラスト 2部 レポ - まるで夜空の流れ星

 

◇コンビ部門◇

3年に1度開催される宗教戦争ことコンビ部門。前回投票したのは2015年だった。前回と同じように、その年に最も私の心をかき乱したコンビに投票した。因みに前回はやぶたか。

藤井流星&重岡大毅(96位)

見た目も趣味嗜好も正反対の2人の少年があるオーディションをきっかけに「同期」としてアイドル生活をスタートし、同じグループのメンバーとしてデビューしてトップアイドルに上り詰める小説のモデルみたいなコンビ。尊い

採用されました↓

このコメントもそんなに自信なかったんだけど、採用していただきありがとうございます。コメントが出た途端友人に「これ絶対あなたが書いたでしょ」とバレた。まあ私がしげりゅせについて語る時だいたいこんな感じだからな(笑) やっぱりしげりゅせの魅力といえば「正反対」だけど「同期」って言う、対称性も甚だしいステータス。ギャップってやっぱり大事よね(誰目線) 今年はWESTV!でも…あっ、まだ参戦していない人がいるかもしれないから迂闊に書けないね。しげりゅせが気になっている人、WESTV!は心してかかった方が良いよ。それだけは伝えておく(遺言) あまりメジャーではないコンビだけど、私はしげりゅせを推して行くからな!!!!

f:id:aishige_mari:20190223034112j:image
f:id:aishige_mari:20190223034102j:image
f:id:aishige_mari:20190223034116j:image
f:id:aishige_mari:20190223034107j:image

しげりゅせ、最高!!!!(映画のCM風)

 

ということで、ジャニーズ楽曲大賞2018の総括、おしまい!今年既にジャニーズで色々とビッグニュースが舞い込んでいるけど、どうにか最大限平穏に1年を終えてくれ…そして良曲に恵まれてくれ…。

最後に、毎年こんなに大規模なイベントをしっかり運営・管理してくださる、知念担の管理人さんに心から感謝します。ありがとうございます。今回体調を崩されて少し開催がずれ込んだみたいで、体には気をつけてくださいね。

 

では。