まるで夜空の流れ星

満点のあの星空に もし神様がいるなら

SEXY ZONE repainting Tour 2018 横アリ 5/6 2部 オーラス MC

風「ここからMCなので座っていただいて…」

(なかなか座らないブロックが…)

勝「座っていいですよ〜!?(汗)」

風「あのこれ座るか座らないかのチキンレースじゃないんだよ」

(「今日はラストだね、今までどうだった?」みたいな流れになる)

風「楽屋でマリウスが「終わるの寂しい」って嘘っぽく言ってたよね」

マ「違う」

健「本音だよね?」(優しい)

マ「何か emotional な感じ。いろんな感情が汗とともに湧いてきて」

風「…きたねぇなぁ」

健「汗も綺麗ですよ?」

風「何か他のたとえとかないの?」

マ「んー、愛情とか、あ、」

風「今言い直したのにまた焦ってようとしたでしょ」

健「 One minute talking で鍛えられてたでしょ!?」

マ「今回のツアーで、みんながいろんな僕を見つけてくれたの。最初の英語の挨拶を提案してくれたり、後半はかっこよくしてみたらどう?とか。みんなが新しい色を引き出してくれた」

風「なんかMCなのにいい感じになっちゃったね…もう最後の曲にする?」

\えーーーー/

勝「それでは聴いてください。『今日はありがとう』」

風「古い曲持ってきたな。松島さんはどうですか」

聡「いやーー、まつしやまが」

\えーーーーー/

風「自分の名前を噛むってある? はーい、松島さん今日でオールアップでーす」

\イエーーーーーイ/

聡「イェーイって何!?!?松島山が噴火してます!」

風「言い直した割にそんなウケなかったね」

聡「松島の心の中の富士山が噴火してます!」

勝「終わっちゃうの寂しいからMC 2時間半やるんで」

\イェーーーーーイ/

勝「…やりたいんだ(笑)」

風「MC 2時間半やったらどうなっちゃうんだろうね」

勝「まずジャニーさんに怒られる」

風「じゃぁ中島さん!このコンサートを総括してどうでしたか!?」

健「毎日がセクシーだった」

Sexy Zone「毎日がセクシー♪ 毎日がセクシー♪(竹内まりや)」

健「そんな歌を作りたくなっちゃう位。メンバーとの関係がより深まった。ご飯を食べたり、5人で並んでメイクするのが楽しかった」

風「そう、俺ら5人横一列でメイクしてるの」

マ「ジュニアの子が挨拶に来ると凄い顔するよね」

風「ドン引きしてるよね」

健「頭の中にSexy Zoneがない日がなかった。当たり前ではあるんだけど。俺たちがいてみんながいる。みんながいるから俺たちがいる。これが永遠に続けばいいなって」

勝「それでは聴いてください。『今日はありがとう』」

健「おわんねーから(笑) この後いろいろすげーのいっぱいあるから!」

聡「今回のツアーじゃなくて、ファーストコンサートなんだけど、メンバー紹介ラップってやったじゃん!?楽屋で勝利と話してたんだけど」(ノリノリでマリウスくんと松島くんの紹介パートを歌う)

勝「なんで俺のパート覚えてるの…」

風「皆さん大至急松島くんの頭のネジを探してください。さっきの『O.N.E〜』でもさ、「2ーー番じゃ意味ないです」ってなってたじゃん」

聡「カラオケで歌のしゃくれ頑張ってるから」

風「しゃくれってアゴだよ!しゃくりだよ!」

マ「ねぇ、すごい面白いことあったから言っていい?ピンの(スポット)ライトあるじゃん?それが客席に当たってまぶしくてこうやって(手で目の周りを覆って)る人がいるんだけど、1列目にね、サングラスかけてる人がいたの(笑) あー、頭いいなって思って、それがツボっちゃった」

聡「あと名古屋の話なんだけど、名古屋でシャワー入ろうとしたら、シャワー室の方から賑やかな声が聞こえてきて。風磨くんと健人くんが大熱唱してたの! 2人の空間て感じで良き良き良き良き💚って思ったから、ボディーソープチュって出してから去った」

風「なんでボディーソープをチュって出したの?」

聡「え、何もしないのもシャワーに申し訳ないなと思って」(?)

風「なんでそんなに大爆笑してたんだろうね?全く覚えてないわ」

聡「男子トークしてたよ。子供たちがいるから言えないけど」

\!?!?!?/

風「名誉毀損だわ!俺らがいかがわしい話をしてたみたいじゃん」

健「そういうのは青春の枠に収めておけ」

聡「普通の話だったかもしれないけど、頭のネジが外れているから勝手にhshsしてた」

\「hshs」/

勝「人間にも発情期ってあるんだね」

風「松島さ、逆立ちして牛乳飲んでたじゃん?」

聡「あれね、やっとあと1週間鼻から牛乳の匂いが取れなかった。鼻をかむ毎に牛乳のにおいがする」

勝「(にこやかに)鼻の奥でチーズになりそうでいいじゃない」

風「見た?今の勝利のなごやかな笑顔。人間じゃなかった。じゃぁ、チーズ研究家のマリウスさんはどうですか?」

マ「ビジネス的に流行りそうじゃない?」

風「いくらで売るの?」

マ「 500円!」

風「もう少し行くんじゃない?」

\(行かないだろ)/

風「普通のチーズを買ってきて「松島の鼻で作ったチーズです」って言って売ったらいくらぐらいだろうね?」

聡「値段わからなくすれば?○○さん専用みたいな」

\メルカリ…!?/

聡「え?あるよね?専用みたいなの」

風「結論を言うと鼻で作ったチーズはただの鼻くそです」

 

番宣。

健「ゴチになります19に出てます!」

風「高望みしないんですけど…毎週出していただけませんか?」

健「すごく欲深いな!?」

マ「じゃあ僕10年に1回でいいよ!」

Sexy Zone「????」

マ「…なんかすごいウケなかった」

健?「なんで10年に1回?」

マ「レアなスペシャルゲストってこと」

風「スペシャルゲストってシンプルゲストだよね」

マ「でも僕10年後がまだ28歳だ!うれしい!」

健「 10年後34歳か…何してんだろうな…(遠い目)」

風「ゴチってほんとに払うの?」

健「そう聞かれるんだけど、マジで払うから!ガチの自腹。おみや代でも傷つく」

風「うそでしょ(今でしょのテンションで)」

健「それは林修でしょ!」

風「林先生の番組に?」

健「出てまーーーーーーす!!!!」

(勝利くんがハリウッドザコシショー思い出しツボるものの元ネタが分からないので省略)

マ「(ハリウッドザコシショーって)ハリウッドの人なの?」

勝「芸名だよ(汗)」

健「ニセコイが 12月21日に公開します。金曜日に公開なの、映画館も変わってきているみたい」

風「できることならバーターで出して」

健「なんでだよ」

風「ジャンプでしょう?ジャンプで先に辞職の告知がされて、俺の中で誰が出るか話題になってたわけ。そしたら中島さんで。だから…今回は予告で我慢したい」

健「おかしいんだよ!!!!!このツッコミも喉使うんだよ!!!!!」

 

 24時間テレビからの嵐のワクワク学校の宣伝。

風「3日前位に発表されたかな?嵐のワクワク学校に今年も出させていただきます!嵐もSexy Zoneも 5人でペアになってやったけど、今年はそのペアは総入れ替えでね」

健「こないだのグッズ撮影も緊張したね」

マ「ぎゅっとしてくださいって言われるんだけど…できないよね」

健「できないね」

風「肩組んでくださいって無茶なお願いされるよね。マジで無茶、あれは。 2列になってて、ぎゅっとできないからマイケルジャクソンみたいになる(笑) 足の筋肉めっちゃ使う。1番困るのがさ、やっぱり嵐兄さんは優しいから「いいよ、風磨、つかんでいいよ」みたいに言って下さるんだけど、向こうの松島側の大野くんとか二宮くんとかが気づいていない時があって、松島がぎゅっとできてない時があるのよ。俺だけつかむわけにもいかないけど、「風磨、大丈夫だよ」とか言われると、もうどうしたらいいかわからなくて「えへへぇ」ってなる(笑) なんか「ありがとうございます」でもないし、「いやいや」でもないし。わからない」

聡「失礼しますって行くわけにもいかない…鼻水出ちゃった」

風「お前嵐兄さんの話をして鼻水出すなよ!いやでもほんとに何したらいいかわからなくて「フヘヘェ」ってなる」

勝「まあ感情がね…」

風「お前ら賛同しろよ!!!さっき「わかる」って言ってただろ!!!!」

勝「でもさすがに「フヘヘェ」とは言わないから」

健「これほんとに2時間MCできそう」

風「こういうのきっと後輩もいつかMCで話すんだろうね」

健「俺らもそんな時代あったよって将来言えるね」

 

ミスデビル。

風「女装似合ってたよ」

勝「風磨くん、俺の女装好きよね」

風「結構タイプ」(え)

健「女装を見たらどうなるの?」

風「「フヘヘェ」ってなる」

勝「次は5話ですね」

風「じゃあ5話の最初からオチまで教えていただけませんか?」

勝「なんでだよ!」