まるで夜空の流れ星

満点のあの星空に もし神様がいるなら

SEXY ZONE repainting Tour 2018 横アリ 5/3 1部 MC

コンサート本編のレポはこちら→過去を否定しない前進、repainting 〜SEXY ZONE repainting Tour 2018 横アリ 5/3 1部 レポ - まるで夜空の流れ星

 

Sexy Zone「「Sexy Zoneでーす!!」」

1人1人に「前半戦はどうだった?」と尋ねる風磨くん。

風「松島はどう?」

聡「世界でここが一番暑いね!」

風「いや、ブラジルとか…ドバイの方が暑いと思う」

勝「滝沢くんが行った火山の方が暑いよ」

聡「そうじゃなくて!えーっと、ボクシングができるくらいの熱気!(シャドウボクシング)」

風「…今松島くんのファンが斜め下を向いてましたけどね…。マリウスはどう?」

マ「暑すぎて、皆にハマリウスしちゃったよ!」

風?「なに、その入りたてのJr.みたいな」

マ「最近使ってなかったから使いたくなって」

風「本名は何だっけ?」

マ「葉成龍マリウスユリウスシュミッヒ。覚えてくれると嬉しい!」

聡「どこまでが苗字?」

マ「分からない」

健?「成龍って呼んでも良い訳でしょ?」

マ「成龍うちわとか見るよ」

風「てかお前の本名、サ行多くね?葉「成」龍マリウ「ス」ユリウ「ス」「シュ」ミッヒ。…中島さん、この空気を一掃して下さいよ!」

健「皆、汗かいてる?喉乾いた?じゃあこの水、先着1名にやるよ(ゴクゴク)」

風「……それだけ!?!?今ぐびぐびって行きましたけど」

健「だって1人にあげたらsexy抗争が始まっちゃうじゃん」

風「巷で噂のね?」(?)

今回のツアーで初めて静岡に行った話。

風「逆に今日静岡から来たよーって人!」

\(ちらほら)はーい!/

風「何その逆輸入みたいな」

マ「じゃあドイツから来た人は?」

\(ちらほら)はーい!/

勝「そこの4人のかたまり絶対違うよね?」

(じわじわと声が大きくなる)

風「え?皆ドイツから来たの?本当に?でも本当にドイツから来た人もいるかもしれないよね」

記者やメディアが昨日沢山入った話。

聡「新聞に「Sexy Zone、世界へ」って書いてあったもんね」

風「お前股間弄りながら何言ってるの?」

聡「いや…なんか…爛れてきちゃって(シャツが乱れてきたと言いたいらしい)」

\(爛れた…!?!?)/

健「お前のSexy Zoneの告白は要らねーよ!」

勝「オロナイン塗らないと」(え)

風「うちの中島のTシャツビリーーーって破ったのも載ってたね!この後もしかしたら見られるかもしれないですからね」

健「いや、今日はやらないかもしれない」

風「やらないの?じゃあ破らなくていいんで乳首だけ!ここから(Tシャツを引っ張って)イチクビだけでいいんで!ニチクビとは言わないんで!」

マ「1日1乳首」

\ざわっ…/

健「下ネタか!」

風「え〜〜〜、なんか俺、マリウスが乳首って言うのなんか悲しいわぁ」(親か)

マ「大丈夫、僕平仮名で言ってるから」

\平仮名…!?/

聡「乳に首ではなく?」

風「平仮名の方が逆に卑猥だわ」

健「アルファベットだと?」

マ「CHIKUBI」

\あっはっはっはっwwwww/

風「あのさ〜小学生の子とかさ〜4月頑張って学校行ってさ〜ゴールデンウィークSexy Zoneのお兄に会えるって楽しみにしてたわけよ?それなのにマリウスの口から平仮名で「ちくび」ってどうよ?マリウス謝って」

マ「I'm sorry. ひげしょーりー」

勝「!?!?!?(  ˙-˙  )」

聡「勝利くんが怪我してる!!」

健「言っとくけど、こいつ人事部だからな!?首切られるぞ!?椿眞子と一緒に首切ってくるぞ!?」

勝「(椿眞子風に)あなたには会社を辞める権利があります!!!」

健「椿博史」

勝「斉藤博史ね」

マ「分かった…一番早い便でジャーマニーに帰る…」

「………………」

マ「誰か引き止めてよ」

勝「それは引き止めるけど」

風「松島、いつも一緒にいるだろ?愛してやれよ」

聡「愛してるよ〜(マリウスくんに近づく)」

マ (水を取りに行くために聡くんと逆方向に歩き出す)

風「いやぁ…マリウスのMCの数打ちゃ当たる感が怖い」

見学の話。

風「昨日はSixTONESジェシーや慎太郎とか、あと櫻井翔兄貴が来てくれたんですよ。僕たちはコンサートが終わったら記者さんにあいしゃつするんだけど…いまあいしゃつって噛んじゃいましたけど」

健「可愛かった」(え)

風「記者さんに挨拶するんだけど、その間10〜15分くらいかな?楽屋でずっと待ってくれて!そのあとコンサートの感想を言ってくれて」

健「嬉しかったね」

風「今日も実はね……King&Princeの……」

\ギャーーーーーー/

(King&Princeの岸くん・海人くん・岩橋くん登場)

風「自己紹介をどうぞ」

勝「岸はしなくていいよ」

マイクを持ってた岸 (「え…」となりながら隣の海人くんにマイクを渡す) 

海「King&Princeの髙橋海人です!今日の私服のテーマは舎弟です!」

岩「…それだけ?(汗) あ、King&Princeの岩橋玄樹です!」

風「前髪なんでそんなにきまってるの?」

岩「今日寝坊しちゃって…ヘアアイロンでやって…(それ以外は)何もしてないです」

勝「何もしてないのにそんなに肌きれいなの!?」

岩「そう(条件反射)」

\「そう」/

岩「そうじゃない!(汗) 今回Sexy Zoneのコンサート見るのが初めてで。今までずっと出させてもらっていたので。デビューできるのもSexy Zoneのおかげです!」

風「いやいや、そんなことないよ!」

岸 (喋りたそうにマイクに手を伸ばす)

風「…えーっと…左の人喋ります?」

勝「左の人、誰だっけ?」

岸「おいおい!岸っす!」

勝「串?」

岸「岸っす!」

勝「梨?」

岸「岸だよぉおおおおおおおおお!!!!! 危ない、このまましゃべらず終わるところだった。King&Princeの岸優太っす。おざっす」

(デビュー曲の宣伝をして良いよと言う流れになる) 

風「リーダー言いなよ」

岸「デビュー曲『シンデレラガール』、 5月23日に発売です!よろしくお願いします!」

風「お前、なんでドラマ出てないのにAメロ歌ってんの?」

岸「それは…大人が決めました…」

\「大人」/

風「なんで11時間近の街並み歩いてんだよ」

岸「俺も慣れてないっすけど…」

(その後歌割に言及しまくる風磨くん。岸くん大好きかよ)

岸「そういえばこの間俺と勝利と風馬くんでご飯食べに行ったんすよね」

勝「ウェブ用に3人で写真撮ったのに岸のマネージャからNGが出て」

岸「ちょっといろいろ厳しくなっちゃったんすよ…」

健「うちの聡ちゃんなんかな、「前髪少し伸びたー」って自撮りあげてるからな」

岸「今日8人で撮りましょうよ」

風「ああ、それはちょっといいです」

(King&Princeの3人ありがとね〜と 5人のMCに戻る)

風「この間中島と海人でご飯行ったんでしょう?どこいったの?」

健「まあ、ちょっと今までよりはゴージャスなところに」

風「やっぱり中島みたいな先輩がいいよな。俺とか岸なんてファミレスで十分だからね。んで、今日頑張ったって日はおめでとうってロイヤルホストに連れてく。好きなもの頼んでいいぞって」

健「「何杯でも飲んでいいぞ!ドリンクバーだからな!」みたいなね。アンバサとメロンソーダミックスがいい」

(宣伝タイム)

健「 12月21日に「ニセコイ」が公開されます。笑えると思います!ぜひ見てください」

風「今回独特な楽しみ方をしようと思って。…予告だけで我慢しようって!」

健「いや本編見ろよ!!じゃあわかった、お前のために予告30秒に命かけるわ!!あと、ゴチになります19にレギュラー出演しています」

風「毎週美味しそうなもの食べてるよね」

健「食べてるね。でもお店によって結構値段が違うのよ。同じステーキでも、前の店では5,000円だったからって5,000円って書いたら 10,000円だったり。それだけで5,000円差になって1位から5位に下がっちゃったりとか。勉強になるからみんなも来てほしい。きっと近いうちに( 24時間テレビとかで)来ることもあるだろうけど」

風「あの、大きくは望まないんですけど…できたら毎週出させていただきたいです」

健「大きく望んでるじゃねーか!後は「林先生の初耳学」にも出ています。ためになる豆知識とかたくさん聞けます!」

風「お台場の上にスポッチャがあるとかね」

Sexy Zone「………………え?」

風「…何か豆知識を言おうと思って」

勝「僕は毎週土曜日22時から「Missデビル〜」に出演しています。挿入歌の『イノセントデイズ』も歌わせてもらっていて、こちらは6月6日発売です。…あ、実は俺(Missデビルの)公式インスタに載ったの!俺インスタデビューしたぜ〜!?地味にしたぜ〜!?」

風「 5人だと「 24時間テレビ」が8月25日から26日にあって。これから24時間テレビに向けてみんなで進んでいきます。それに向けて5人で冠番組もやって。皆さんに協力していただくこともあると思います。よろしくお願いします。…じゃぁ、さっき話に出た『イノセントデイズ』、歌っています?」

この流れで後半へ。

 

コンサート本編のレポはこちら→過去を否定しない前進、repainting 〜SEXY ZONE repainting Tour 2018 横アリ 5/3 1部 レポ - まるで夜空の流れ星