まるで夜空の流れ星

満点のあの星空に もし神様がいるなら

最高の10周年の締めくくり〜Hey!Say!JUMP I/Oth Anniversary Tour 2017-2018 12/30東京 レポ

どうも。

f:id:aishige_mari:20180113163932j:image

Hey!Say!JUMPの念願のドームツアーに行ってきた。先ずは2017年最後の単独ライブとなった12/30公演のレポ。席はバクステ付近の1階スタンド。メインステージからは遠くなってしまったものの、本当にアングルが最高だった。Hey!Say!JUMPの武器であるフォーメーションダンスを正面から綺麗に見られたのが何より!アリーナツアーと変わった部分も多かったのでそこを中心にレポ出来れば。アリーナツアーのレポはこちら↓

10周年、砂時計は止まらない〜Hey!Say!JUMP I/Oth Anniversary Tour 2017 8/12 福井 1部 レポ前半 - まるで夜空の流れ星

10周年、砂時計はまだまだ止まらない〜Hey!Say!JUMP I/Oth Anniversary Tour 2017 8/12 福井 1部 レポ後半 - まるで夜空の流れ星

・OVERTURE

映像はアリーナツアーとほぼ同じ。変わったのはツアーロゴが出るときにI/OがI/Iにくるっと変わるところ。(福井を思い出して高まった!)


・Ultra Music Power

メインステに登場!やっぱり熱気が桁違い。


Dreams come true

センステに移動。


・Endless Dream

横花道。いや3曲目から選曲に早速高まるーーー!!!東京体育館のイベントで歌ったと聞いて舌を噛み切って天に召されるかと思ってたけど生で聴けて嬉しいーーー!!!この曲は山田くんの「Endless Dream...」と「すべて」の「べ」に全神経注ぐJUMP担も多いはず。


・Ride With Me

センステ。


・Viva! 9's Soul

センステ。今までは有岡くんから歌割り順に時計回りに並んでいたメンバーのポジションが地味にシャッフルされていた。圭人くんが髙木くんを紹介する時、なぜかマイクを髙木くんの目の前にやって容疑者みたいにしてたのと、髙木くんが伊野尾くんを紹介する時、

雄「建築系?アイドル系?いや伊野尾慧!」

伊「おっけーバブリー☆」

本家・平野ノラさんもびっくりのぶりっ子っぷりだった。そして恒例となりつつある有岡くん紹介後の裕翔くんは…

裕「消して捕まえ〜ることのできない〜♪(HANABI/Mr.Children)」

有「映画は7月27日公開!!」

宣伝もできて良かったね!


・OUR FUTURE

ファンサタイム。間奏で、

伊「いーの?」

\おっけー!/

ここまではいつも通りなんだけど何故か、

伊「あーりー?」

\おっかー!/

と何故か有岡くんの名前まで。多ステ勢がいるにしてもこの無茶振りにとっさの対応ができるJUMP担の適応力の高さよ。最後は

伊「おけまる☆」

とご機嫌の伊野尾くんであった。


・Sweet Liar

メインステ。来たぞ来たぞ〜〜裕翔くんが相変わらずエロくてやっぱり彼に目が行った。脚ネジネジ…裕翔くん蹴り倒して(遺言) 知念くんのペンダントがしんどかった。

 

・映像からのコント

・スタートデイズ

ユー達…これ東京ドームでもやるんかい…(笑) 映像はアリーナツアーと同じ。伊野尾くんの「殴る方も痛いんだよ(小声)」と八乙女くんの「先をミスコシタ?」で毎度ゲラゲラ笑ってしまう。八乙女くんのちょんまげかわいい。センターステージに小学生姿のBESTが登場。これ、アリーナ規模でも相当シュールだったけど、ドーム規模になるともう何というかシュールすぎてシュールを超えた境地に至る。

雄「I'm like TY♪ Just like TY♪ 僕の名前♪ たかき♪ ゆうや♪(TT/TWICEの替え歌)」

伊「どうも、変態です。こんな変な格好してるけど、明日紅白でます。みんな見てね!」

薮「もういくつ寝ると〜やぶこうた〜お正月には〜「やぶこうた〜」みんなで一緒に『やぶこうた〜』はーやくこいこい\やーぶーこーうーたー/ (満足げな表情) お前ら、マジインスタ映え」(?)

光「F4の最後の1人、八乙女光です。年越しそば、食べたいけど、俺の場合、年越し、そばにいたい」

有「最後にひけいしは!あぁりおかだいきぃ〜〜(歌舞伎風) カンカン!(セルフ効果音) 今日からこの学校に転校してきた有岡大貴。いずれこの学校で1番のモテモテになるから、覚えておいて損はないと思うよ」

伊「そんな簡単に言うな!」

光「お前にはモテるための要素が足りない!一つ目は、薮!」

薮「イケメンであり続ける!」

光「そうランドセルを前に背負う。2つ目は、髙木!」

雄「お金をいっぱい稼ぐ」

光「そう、眼鏡をかける!三つ目は、慧!」

伊「命をかける!」

光「そう、リズムに乗る!」

薮「なななななな〜〜なーななななな〜〜♪(KARA)」

カオスだった。曲というか、コーナー全体の感想としては、Hey!Say!BEST、とにかく脚が細かった。


・ドラム&ギターコーナー(Your Seed〜SUPER DELICATE〜Fantastic Time)

裕翔くんのサイレント芸とドラムの効果音芸が加わっていた!

裕 (目をギュってして口をチューーってやる(可愛い)(伝わって))

\かわいい〜〜/

裕「(え?かわいい?)」

\かわいい〜〜/

裕 (同じことする)

\かわいい〜〜!!/

裕 (爆笑からの銃の効果音で銃口をかっこよく吹く仕草)

\フーーーーー/

裕「(カッコいい?)」

\カッコいい〜〜フーーーーー!/

みたいなことをずっとやっていた(かわいい)。その後、叩くと髙木くんの声が出るものを使ってまたサイレントで遊びまくる(笑) 髙木くんの声は「もっと叩けよ」「俺雄也」「ゆぅとぉ!!!」とかだったと思う。「俺雄y「ゆぅとぉ!!!」「ゆぅと「俺雄也」みたいに連打して遊んでた。可愛かった。ライブのひょうきんゆうとりんの真骨頂を見た気がした。


・ありがとう 〜世界のどこにいても〜

福井では立って歌ってた記憶があるんだけど、ドームツアーでは階段に座ってた!やぶたかの脚が長すぎて目を疑った。有岡くんの「Thanks」はウィスパーバージョン(福井では腹の底から声出してた)。


・TO THE TOP
・Dash!!

「TO THE TOP」、何回聴いてもいい曲だ…ドームで聴けて嬉しかった。「Dash!!」ではサビの「はい!はい!はいはいはい!」のコールが小さいとか言われてたけど、全然そんな風には感じなかった。あと、薮くんが間奏でバンドメンバーの紹介をしていたんだけど、紹介するメンバーのところまでわざわざ走って行くから、ものすごい勢いでメインステージを走り回っていた。お疲れ様。個人的には薮くんの「伊野ちゃん」呼びに滾った。


・Ignition

うわぁああああ…(頭抱)とイントロかかって頭抱えた。山田くんがサックスを持っててまた頭抱えた。この日のサックスは終盤少しキツそうだった…。そんな山田くんを双眼鏡でガン見してして大サビに備えようとしたらいきなり

薮「君が恋しくて〜♪」

ここからしばらく私の記憶が飛んでいる(察して)。


・From.

『Ignition』は全員メインステのリフターに乗ってて、八乙女くんの「みんな大好き『From.』〜!」の呼びかけで始まって、そこから降りてきてサビになってメインステ中央に集まるんだけど、なぜかそこでメンバーが輪になって歩き始めて。そこから落ちサビの山田くんのソロパートになった瞬間メンバーが皆山田くんに対してケチャし始めた。アドリブだったみたいで山田くんびっくりしてて、

涼「世界中に愛の……ありがとーう!!」

って素で照れていたのがとてもかわいかった。あ、後、サビ前まで有岡くんと知念くんがわいわいしていた。


・切なさ、ひきかえに

ごめん。イントロかかった瞬間から記憶がない(薮担)(察して)。


・JUMPing CAR

山田くん、機嫌が良かったのか曲の序盤はノリノリでにゃんこすたーやってた。あとみんなのアドリブが凄すぎて、伊野尾くんが笑ってソロパート歌えなくなってた。


・真剣SUNSHINE

ファンサタイム〜。コールの声の大きさが桁違いでやっぱり最近ファンになった人が多いんだなと。嫌な意味じゃないよ、嬉しいってこと!曲の終盤のソロパートリレーではメンバーが結構アドリブしていて、

伊「マイスイハニハニ…(投げキッス)」

雄「恋の海原…(カメラを見失うも伊野尾くんに教えてもらって投げキッス)」

涼「やっと見つけたマーメイド〜〜(アドリブなし)」

有「愛はメラメラ…(何故か目で投げキッスみたいなことする)」


・キミアトラクション

バクステ。とても近かった!この曲のダンスが好きだから近くで見られて嬉しかった。台詞の部分が、全員「お前がNo. 1だ!」って順番にいっていって、最後の有岡くんのセリフを山田くんが横取り(笑) 間奏明けの本来だったら山田くんが言う部分を有岡くんが言ってた。


愛ing -アイシテル-

メインステへ移動。確か大サビの「手を繋ぐ〜」の部分で9人一列に繋がって踊るんだけど、その直前まで山田くんがくねくねした変なダンスを踊ってた。30日は全体的に山田くんがノリノリで、機嫌よかったのかな(笑) それとも紅白リハーサルの緊張感から解放されたのかな(笑)


White Love

お馴染みのあのハートからスタート。夏に聴く

『真剣SUNSHINE』が最高であるように、やっぱり冬に聴く冬曲って良い!ちょっと客席を見たんだけど、サビの「I love you I love you〜」って部分でペンライトの動きが綺麗にズレてて。みんな自担とところで動かしてるんだ〜って思った。

 

MCはこちら→Hey!Say!JUMP I/Oth Anniversary Tour 2017-2018 12/30東京 MC - まるで夜空の流れ星

・映像

懐かしのSUMMARY映像の数々。JUMPの10年間の軌跡を語るには欠かせない公演。今回はなんとそのSUMMARYの世界観を2017versionにパワーアップさせて特別に見せてくれた!!


・SUMMARY

龍の気球に乗って登場!!!高さは2階席あたりかな、とにかく高い!!和服みたいな衣装がとにかく耽美で、特に伊野尾くんの白くて細い腕との親和性が堪らなかった(薮担)(黙ります)。このままぐるっとドームの外周を1周。途中で有岡くんが龍に一言聞くんだけど、

裕「今年もありがとう!来年も宜しくね〜〜!(高く掠れた声で)

cv.中島裕翔だった(笑)

 

・DREAMER

いや選曲天才か…(頭抱) 歌詞が尊すぎた。「いつだって僕らも夢で輝くよ」って10周年のドームツアーで聞けると思わなかった。ありがとう。

 

・Time

原曲とは違った和風アレンジ!途中で早着替えが2回あって、1回は持っている番傘で隠して着物風衣装から白い和服風衣装(少しすらっとしたもの)になるんだけど、山田くんが傘を落としかけて少しヒヤヒヤした。2回目はターンをしたら衣装がディズニープリンセスみたいになった。いや、本当にドレスみたいなの、雑誌レポも出始めてるし、WSの映像も出てるから見てほしい。プリンセス!番傘をさしている髙木くんがとにかく色っぽかった。


・Beat Line

こちらも原曲とは違った和風アレンジ。普通とは違うダンスなどが所々に入ったアレンジでスタートしたと思ったらいきなり全員が上半身の衣装を剥いだ。「脱いだ」じゃない、あれは「剥いだ」。そのままセンターステージに移動して和太鼓パフォーマンス。センターが裕翔くんでリードみたいな存在だった。かっこよかった。凄い、めっちゃジャニーズを見てる感じする。これぞ世間がイメージするジャニーズではないか…!?と見ていてすごく興奮した。あと、伊野尾くんの上半身を双眼鏡で凝視したけど白くてもちもちだった、美味しそうだった(薮担)。

曲が終わったらメンバーが順番にアクセントダンスでつなぎつつ衣装替え&バクステに移動。


・FOREVER

ひぃいいいいい(震)ドームのバクステでのこの曲とイントロ流れた瞬間の大歓声はまさに3年半前のLWMを彷彿させる…!!!バクステからセンステに移動するとき、花道の後ろからカメラが撮ってて、そっちに全員が振り向く瞬間があるんだけど、控えめに言って最強だった。山田くんが髪をかきあげた瞬間Hey!Say!JUMPは時代を掌握した。


・I/O

センステ。福井ではアリーナ前側だったからこの曲を斜め後ろから見る形になってしまって、フォーメーションとかあまり綺麗に見えなかったのだが、この日はアングルが最高だったから山田涼介大先生の振り付けがほぼ正面から綺麗に見えて感動。昨年11月のMステもBlu-rayが擦り切れるほど見たからもうあのまま!!感動!!!とパフォーマンスが綺麗に見られたことに感動しまくってた。

曲が終わって映像が始まる。2017から2007に遡った…と思ったらさらに遡って2001、つまりJUMPで最も事務所に早く入った薮くんと伊野尾くんが入所した年に遡る。そこから『Dreams come true』のオーケストラバージョンをBGMにJUMPメンバーのジュニア時代の映像を2007まで順々にたどるんだけど、だいたい入所順に垢抜けないメンバーが出て来るからなんかもうね…(語彙) そして2007年11月14日になってあの掛け軸を持って大勢の記者に囲まれるメンバーの映像が出て…


・メドレー(Ultra Music Power〜Your Seed〜情熱JUMP〜瞳のスクリーン〜Born in the EARTH〜SUPER DELICATE〜Come On A My House〜ウィークエンダー〜Chau♯〜Give Me Love〜OVER THE TOP)

2007年から2017年まで1年ごとの代表曲を集めた最強メドレー!『情熱JUMP』や『Born in the EARTH』は胸熱な選曲だし、『瞳のスクリーン』や『ウィークエンダー』の山田くんのセリフに骨抜きにされるし、『SUPER DELICATE』では「JUMPing CAR」ツアーで恒例になったボッチ演出が再現されて、有岡くんが、

有「アリアナグランデ、駆けつけてくれねーかな〜〜」

とバックステージの上でごろごろしながらいじけていて、からの『Come On A My House』では伊野尾くんがそれを早速利用して、

伊「アリアナグランデの家に行きたいかー!アリアナグランデの家に行きたいかー!」

って煽り始めて知念くんを困らせて、かと思えば知念くんはMCでネタに出た

知「カマナマイハウス」

で応戦するしもう(笑)


・H.our Time

曲の前に圭人くんと薮くんから簡単に挨拶。圭人くんは自分で曲を作ってメンバーに作詞してもらうのが夢だったと。10周年のタイミングで夢を叶えられてよかったね(泣) そういえば福井の時と映像がかなり変わってた。終盤に宣材写真を『Ultra Music Power』のものから「I/O」にだんだん辿っていくのがもう…(語彙)

最後に伊野尾くんから順番に挨拶をしていって、メインステ上の階段の上でメンバー全員で礼をしてステージ下へ。挨拶は流石に覚えきれないので省略で…雑誌には1日のオーラス公演の挨拶が載っていたので是非読んでください。

メンバーがはけた後にツアーロゴのI/OがI/Iに変わる演出、何回見ても好きだ〜〜!!もう11年目始まってるからね!!!

 

しかしHey!Say!JUMPのコンサートは終わらないよ〜〜!
・Magic Power

特注と思われるツアーTシャツ(下のグレーな部分がメンバーカラーになっているもの)とグッズのブランケットを羽織って登場!山田くんがタオルをほっかむりしてて可愛かった。


・スノウソング

「まさか……雪だーーーーー!!!!」でアリーナに雪と言う名の紙吹雪。


・冒険ライダー

山田くんがほっかむりを取った!と思ったら髪の毛ボサボサ(笑) メンバーは爆笑してるし、山田くんは照れまくるし。あと圭人くんが全ての花道やメインステージの端から端まで走り回って、きちんと下から上の方まで手を振って、最後に一礼して行ったし、もう〜〜なんだよ〜〜Hey!Say!JUMP、揃いも揃って愛おしいか〜〜!!!

最後は恒例の、

「俺たちが〜」

\Hey!Say!JUMP!!!/

で銀テープ!

裕「もう、皆、JUMPのことも見てよ!銀テープばっかり見ないで!」

そしてメンバーは「バイバーイ!」「来年も宜しくねー!」とステージ下に各々はけて行きましたとさ。

 

30日、私にとってのドームツアー初日のレポは以上。セトリの曲とか、演出とかは多少知ってて行ったんだけど、それでも本当に楽しかった!!やっぱり文字だけじゃ伝わらないことも多いし。この日のお昼は紅白のリハーサルでおそらくメンバー全員ガチガチに緊張していたからか、この日のコンサートはかなりのびのびとしていたと言うか、メンバーがみんなイキイキとしていたのがとても印象的だった。収録が入っていなかったから、コントコーナーとかMCとか結構好き勝手喋ってて面白かった。あ、MCというと、メンバーの口から「紅白出ます!」って聞けたの、本当に嬉しかった。ただ、東京ドームのど真ん中で小学生の格好で紅白初出場の宣伝をしたアーティストは初めてだと思う。伊野尾くん、君のことだよ(笑)

では、また順番にMCレポや1日のレポを更新していくのでお楽しみに。頑張りまーす。