まるで夜空の流れ星

満点のあの星空に もし神様がいるなら

しがないジャニオタが「おーさか」の4文字で藤井流星の顔面に降参した件。

どうも。

突然だが、藤井流星くんをご存知だろうか? は、『ええじゃないか』で2014年にデビューを果たした7人組のジャニーズグループ「ジャニーズWEST」のメンバーである。メンバーである重岡大毅桐山照史中間淳太神山智洋藤井流星濵田崇裕小瀧望は全員関西ジャニーズJr.出身であり、関西ジャニーズJr.からのデビューは関ジャニ∞以来実に10年ぶりであった。

と、ジャニーズWESTと流星くんの基礎情報はこの辺にして、何故Hey!Say!JUMPの薮くんとSexy Zoneのマリウスくんの掛け持ちである私が突然流星くんの話を持ち出したのか、多少説明が必要であろう。

 

元々、流星くんに対するイメージは、「ドラマ「ようこそ、わが家へ」に出演し、それがきっかけで相葉くんと仲が良く、相葉くんを天使と呼んでいる」「笑いに貪欲すぎる他のメンバーと比べると少し大人しい」「小瀧くんと同様に背が高くてスタイルがいい」「どうやら凄く天然らしい(伝聞)」と言ったものだった。普通にスタイルが良くてかっこいいのだが、他のメンバーのキャラが濃すぎる影響もあってか、正直に言ってしまうと、流星くんはWESTの中では少し薄い存在だった。ごめんね…。

そんなイメージが覆されたのが2017年7月1日、私は、年に一度の日テレの音楽の祭典『THE MUSIC DAY』を見ていた。確かSexy Zoneの出番が終わり、毎回恒例のジャニーズシャッフルユニットメドレーを待機していた記憶がある。そんな中でぼーっと見ているとジャニーズWESTが登場した。『おーさか☆愛・EYE・哀』というタイトルの新曲をリリースしたという事実は把握していたが、曲そのものを聞くのは初めてだった気がする。「すごいバブリーな衣装だな、どんな曲だろう」と興味本位でのんびりと見ていたら、

f:id:aishige_mari:20171021050343j:image

「!?!?!?!?」「顔が……イイ!!!!」雷に打たれたような衝撃が走った。この感覚…身に覚えがある…そうだ、これだ。→「年上の純日本人が好き」と豪語していたしがないジャニオタがオランジーナのCMで物凄いスピードでマリウス担になった件。 - まるで夜空の流れ星 私がマリウスくんに堕ちた時と全く同じだ。完全に自分の中で何かが変わった感覚がした。この瞬間、確実にWESTの中で小瀧くん推しだった自分が一瞬で流星くん推しになったのは分かった。「ホレたらアカンから」と言われながらホレてしまったと思った。しかし、ただ単にグループ内での推しが変わった程度で、まだ大丈夫、3グループ掛け持ちは自分にはキャパオーバーだと自分に言い聞かせ続けた。なお、この時期はHey!Say!JUMPのシングルとベストアルバムのリリースが続き、また、Hey!Say!JUMPのアリーナツアーやサマパラ参戦を控え、7〜8月の間にすぐに坂を転がり落ちることは無かった…と個人的には認識している。

 

しかし、9月上旬に転機が訪れた。友人とSexy ZoneのSTAGEコンのBlu-rayの鑑賞会をしたのだ。その時に、私が流星くんに(軽く)ホレた&聡マリがサマパラで『PARTY MANIACS』を歌ったのを知った神山担がパリピポコンのDVDを持ってきてくれたのだ。ジャニーズ楽曲大賞でトップ5入りし、曲名は知っていたが、本人たちが歌っている映像を見るのは恐縮ながらこの時が初めてだった。ノリノリでSTAGEコンのセクベアペンライトを青色にして(えっ)見始めた。「カッコいいなぁ〜淳太くんの衣装がけしからんなぁ(ニヤニヤ)」と思っていたら2番に入る。流星くんのソロパートに入る。「その仮面取ったら Naughty, Naughty」………

f:id:aishige_mari:20171024051650j:image

f:id:aishige_mari:20171024051705j:image

「What?」

f:id:aishige_mari:20171024051938j:image

f:id:aishige_mari:20171024052030j:image

(あいしげ代理中島健人氏)

脳内大パニック、文字通りの発狂である。鑑賞会であそこまで絶叫したのは初めてだった。本家の音源を知らなかったから、セリフがあることも当然知らなかった。事前情報無しに見せつけられた「What?」の破壊力は凄まじかった。視覚的情報(顔)も聴覚的情報(声)も凄まじすぎて後には引けない所まで足を突っ込んでしまったのが分かった。

 

恐らくこの日から流星くんに関するツイートがかなり増えたと思う。そして狂ったように動画や画像を検索し始めた。藤井流星くん、とにかく顔が超イイのである。f:id:aishige_mari:20171027221837j:image

出てくる画像が全てベストショットなのである。成る程、ビジュアル担当メンバーにハマるしんどさとはこういうことか。もう顔が良すぎて映るたびに息ができなくなるほどしんどいので「いっそ映らないでくれ」という謎の欲求まで生まれてしまう。

f:id:aishige_mari:20171027164402j:image

ビバ、顔面力。

 

この月は「ザ少年倶楽部」のin大阪回が放送され、録画したものを、普段はSexy Zoneだけ見るのだが、ジャニーズWESTのパフォーマンスも見ることにした。確か2週目の放送でアルバム「なうぇすと」のユニット曲を披露していた筈である。3組目に流星くんと神山くんが出てきた。

f:id:aishige_mari:20171027221903j:image

登場ですぐに察知した。これはYABAIZO!!! めっちゃイキってる。ゴリゴリのEDM&ラップで規格外なくらいにカッコいいイケメンがゴリゴリにイキってる。てか衣装が天才すぎるでしょ。布の多さと胸元の空き具合が天才でしょ。ベレー帽が絶妙に可愛いの天才でしょ。口をあんぐりと開けて呆然としているところに、

f:id:aishige_mari:20171027221921j:image

OH VERY GOOOOOOOD………

f:id:aishige_mari:20171027165003j:image

パリマニに続く大爆発である。こちらも事前情報なし。知らないって怖い。知ってしまうって怖い。「OH VERY GOOOOOOOD…って…貴方の顔がな……」と言う遺言を残してテレビの前で私が息絶えていたとかいなかったとか。

 

そこからは早かった。パリピポコンを見せてくれた神山担の友人でさえ若干引くほどのスピードでズブズブと青い沼にハマっていった。ジャニショに駆け込んで流星くんの写真を購入し、『one chance』や『逆転Winner』のPVを見てその顔面力に平伏し、「ザ少年倶楽部」の昔話を一通り見て「藤井流星は可愛い」の扉を開き(あの顔でナチュラルに「貴女はおするばんよ!」はヤバい(ヤバい))、更に「藤井流星 天然」で検索した結果愛おしさで溺れそうになり、新曲発売の知らせを聞いて速攻で予約し、もっと視覚的に流星くんを堪能したいと写真集「おおきに。」を購入し(ツインのページは網膜の危機を感じるので1秒以上見られない)、24コンのDVDを借りて満員の京セラドームで冬に咲く向日葵のような笑顔で歌って踊る姿に何も知らないながらに胸が熱くなった。

 

そして先日、1月から横浜アリーナを皮切りに始まる全国ツアーが発表された。私はその日に何かに操られたかのようにジャニーズWESTPay-easyした。そう、ファンクラブに入会した。好きなタレントはもちろん、

f:id:aishige_mari:20171027210814j:image

濵田くん、代弁有難う(笑) 吹っ切れた。ファンクラブにまで入ってしまった今の私は誰がどう見ても藤井担になったのだ。今の自分の状況の説明など無意味なのである。沼に引き込まれる力に抗うのをもうやめた。私は流星くんの顔面に全面降伏し、沼から見える流れ星を眺めようと心に決めたのだった。

 

流星くんを追いかけ始めて変わったことがある。まず、自分の髪がとてつもなくサラッサラになった。シャンプーもトリートメントも、風呂から上がった後のドライヤーなども何一つ変えていないのに、今髪の毛がサラッサラなのである。朝起きて髪を整えるのがとても楽なのだ。更に、私はかなり生理痛が酷いのだが、ある日、通学中に痛みに耐えていた時にふとスマホの壁紙にしている流星くんを見たらフッと痛みが和らいだのである。驚いたのでカメラロールの流星くんのフォルダを一通り見たら、さっきまでの苦痛が嘘のように引いた。そしてその日は痛み止めに頼らずに乗り切ってしまった。嘘のような本当の話である。もし女性ホルモンの乱れにお困りの方には藤井流星くんを処方して差し上げたい(効果には個人差があります)。ただし、

f:id:aishige_mari:20171027210357j:image

御了承願います。

 

それでは、WEST界隈の皆さん、不束者ですが宜しくお願い致します。ご一緒に、Viva!顔面力!!

f:id:aishige_mari:20171027210635j:image

ご清聴有難う御座いました。