まるで夜空の流れ星

満点のあの星空に もし神様がいるなら

それが何?人生は一度きり!〜Summer Paradise 2017 So what? Yolo! 8/18 1部 レポ

どうも。

f:id:aishige_mari:20170830045525j:image

先ずは、参戦された皆さん、出演者の皆さん、スタッフの皆さん、サマパラ2017お疲れ様でした!!!

f:id:aishige_mari:20170829163807j:image

 サマパラが終わるといよいよ夏が終わってしまう感じがして寂しいね…。でも寂しがる間も無く彼らは動き続けてるから私は溜めちゃったレポを書くよ!

 

TDCは3年前にピカンチを観に行って以来3年ぶり。コンサートで入るのは初めて。席は2バル上手側だったけどめちゃめちゃ近かった!それもそのはず、TDC公式サイトによると、全ての客席とステージの距離が30メートル以内に設計されているらしい。頭おかしい!!(褒めてる) むしろ下手にアリーナ席とかになるよりは、メインステージもお立ち台もバックステージもよく見える席だったので、サマパラ初心者にはちょうどよかった席だと思う。因みに、この日の朝にWS各所でこのコンサートの映像が流れたが、開演まで一切見ずに臨んだ。開演前は鳥の鳴き声とか自然の音がBGMとして流れていて、森に入って来た雰囲気が出ていた。モニターには時計が表示されていて、I/O参戦から間もなかった私は少し頭を抱えた(笑) ネタバレになるので細かい言及は避ける。開演時間になると、モニターに表示されている時計が13:00になり、物語がスタートした。

 

・OVERTURE

ハイデルなんとか村(本当にごめん)に住む2人の少年「SOMARI」が自分にとって大切な人に会いに行く物語。MCで言及があったのだが、この映像に出てくる聡マリのキャラクターデザインがなんと聡くんなのだ。普通に映像クリエイターさんが作ったのかと思うほどに可愛く仕上がっていた。セクベアもそうだし、聡くんは芸術的というか、クリエイティブな才能があると思うので、もっと生かされる場が欲しい。

 

・Lady ダイアモンド

いやー、この曲のイントロってこんなにテンション上がるんだね!!!!イントロ流れた瞬間物凄くドキドキワクワクした(語彙) 絵本の中のワンダーランドを冒険するような衣装の聡マリが登場!途中の俳句(勝利パート)は、「夏来いと 願った先に 天使たち by聡マリ」!! どうやら「天使たち」とは我々リープリング(聡マリ担)のことらしいが、普通に逆でしょ!!!You達でしょ、どう考えても!!!って頭の中のジャニーさんが大騒ぎし始めたのは想像に難くないだろう。

 

・キャラメルドリーム

出ましたダバダ!!!聡くんの全力ダバダを期待してたけど、流石に聡マリの時は言わないんだね、ごめん!勝利がいるときにまた全力でやってね!!

 

Sexy Summerに雪が降る

衣装の胸元に本の表紙のようなデザインが施されていて、普通のデコレーションかと思ったら、なんとそれをめくると聡マリがウサギの耳?猫耳?のカチューシャを付けたツーショットの写真が!!!因みにこの写真、日替わりらしい。そのこだわりも含め、控えめに言ってこれ、

f:id:aishige_mari:20170830044240j:image

まだ聡マリの世界観をイマイチ飲み込めきれていなかった新参者マリウス担(因みにコンビは健マリ担)はもう3曲目にして理解が追いつかなかった。そう、聡マリは考えてはいけない。感じるのだ。それを早速思い知らされた。

 

・Hey you!

ハイ楽しい!!!みんな大好きHey you!!! 振り付けいい加減に覚えます、ごめんなさい!!!

 

・影絵パフォーマンス(BGM:My Everything(薮宏太))

いや、BGMね??? イントロが流れて来たとき、耳を疑ってしまったよ。これは多分、というかきっとセレクトは聡くんだよね? 聡くん、本当に最高だよ…(がっしり握手) 因みにこの曲は未音源曲。かなり初期の曲だから聡くんも良く知ってたなと思うよ…流石事務所内屈指のジャニオタだね!この曲、少クラなどでは歌われたことがあるので是非お聞きください、きっと聡くんのナレーションが頭の中に蘇って来るでしょう!→Yabu Kota My everything Spanish subs - YouTube おっといけない、薮担であるからついBGMについて熱弁してしまった…。影絵で物語を作っていくんだけど、話の内容としては、想いを寄せていた女の子に告白したらかなって付き合うことに。でも2人の心がすれ違って別れてしまった。男の子は人生で1番の失敗だと落ち込んだ。そんな彼にある人が「失敗しないと成功の花は咲かない」と教えた。

聡「皆さんも失敗や後悔で落ち込むことがありますよね。これからマリウスが自分を探す旅に出ます。見てみましょう!」

と影絵コーナーを締めくくったあと、客席を盛り上げる聡くん。

聡「盛り上がってますかー!」

\イェーイ!/

聡「いえいえいえい!」

\いえいえいえい!/

聡「WOW!」

\WOW!/

聡「ウッキッキ!」

\ウッキッキ!/

聡「やってくれるんだね〜〜(笑) どうも、松島聡です!絵本の世界へようこそ!準備はいい?物語はもう始まっています!次はマリウスのコーナー!」

 

・Welcome to the Paradise

いや、これ、あの、想像してた330倍優雅だった。少クラで披露されたときの動画は見たことあるんだけど、あんなもんじゃないね。マリウス葉×ステッキの組み合わせは控えめに言って無敵。マリオのスター状態。クッパも怖くない。終盤にステッキを投げた時の綺麗な放物線を忘れない、2017年の夏。イントロのピアノ音が流れて来ただけで、場の空気がピシィっと引き締まる。JUMPのレポで「薮くんがセンターに立つと空気が締まる」と書いたんだけど、その締まり方とはまた少し違う、その違いを上手く説明できなくてもどかしいんだけど!

 

・ONE GIRL(山下智久)

初めて聞いた曲だったんだけど、 「これはマリウスの持ち歌だったっけ?」と思うくらいに歌いこなせていた…!歌詞は全部英語で、こう言うかっこいい曲も近いうちにソロ曲でもらえたりするのかなと、頭の中で勝手にマリウスの未来予想図を描いてしまった(Déjà-vuは歌詞に日本語も入っているから全部英語の曲はまだもらっていない)。あ、あと青の千鳥格子?のスキニーなセットアップが控えめに言ってしんどいので映像が出たら全人類に見せに行く予定です、お楽しみに。

 

・ダンケ・シェーン

ONE GIRLでカッコよく決めたと同時に、ジュニアがカラフルなハートの風船(夜会からのお花についてたあれと同じもの)を持って登場。雰囲気が違う…?と戸惑うマリウス。

マ「え…?あれ…?どうしたの…?あ、あはは…」

オタク.。oO(かっっっわ!!!( ◜◡◝ )( ◜◡◝ )

戸惑うマリウス(と悶えるオタク)をよそにハートの風船を持って笑顔のジュニア達。

マ「ダンケシェーン!!」

デデデデデデデン!\Yeah!/ デデデデデデデン!\Yeah!/

この数秒のイントロでしっかりC&Rを入れられるセクガルさん、流石すぎです…(STAGEもサマパラも「あ、ダンケシェーンだ✨✨✨🍊🍊🍊」となってたら間に合わなかった)(練習します) やっぱりマリウスはこう言うポップでハッピーな楽曲も似合うのが強みだね!

 

・GAME

ダンケ・シェーンから一転、赤い布が上から降りてきて一気にシリアスな雰囲気に。衣装はなんとSTAGEのOP衣装!! またこの衣装をお目にかかれるとは嬉しい限り! Sexy Zoneが擁するシンメの1つ、ふまけんメインの楽曲をもう一つのシンメである聡マリがやるとは、シンメを擁するグループの特権を存分に行使しまくってて、「シンメとはこういうことか…」と少しずつ理解し始められた気がする。今までシンメという概念があまり強くないグループばかり通ってきたから…(NEWSは一応テゴマス、コヤシゲとあるけどパフォーマンスの面ではあまりシンメという概念は強くない)。ふまけんメイン曲でプレッシャーもあったかもしれないけど、やるからにはしっかり世界観を作り込む聡マリ、カッコよかった。そう言えば、勝利くんが聡くんとこの曲をやりたがっていたよね、そっちも見てみたい。

 

・Perfect Potion

初めましてーーー!!!と叫びたくなった個人的初対面セクゾ曲(初めて生で聞いた曲)の1つ。聡マリが革?の椅子に座ってたんだけどこれがもう…もう…(頭抱)(語彙) 椅子に座ってるだけであんなに財閥感漂う10代の男性っている?(反語) 聡くんの"魅せる"色気も凄いし、マリウスのあの御曹司感は何!(頭抱) いや御曹司感と言うかリアルに御曹司なんだけど。この世の覇者感が凄かった。そんなマリウスシュミッヒ葉成龍ユリウスくんはまだ17歳です(頭抱)

 

・PARTY MANIACS(ジャニーズWEST)

これが巷で噂のパリマニかーーー!!!(cv.ゆいP(おかずクラブ)でお願いします) これもまたカッコいいな!!!実はこれも初めて聞いたんだけど、まずWESTさんにこんなかっこいい曲があったんですね…(ごめんなさい) そしてこれジャニオタならみんな好きな曲だよね。WESTって歌い方や楽曲にクセが強いものが多いから、聡マリが歌ってハマるのか?(WESTの曲を聡マリが歌うことは行く前に知っていた)と思ったんだけど、全然文句なしにハマってた。後日動画を見たんだけど藤井流星さんがめっっっっちゃかっこよかった(余談)

 

・Mermaid

ザザーーン…ザザーーン…と海の映像。その砂浜に「Mermaid」の文字。新曲だあああ!!とボルテージ急上昇。衣装は雑誌のレポなどを見て頂ければ分かると思うが、水色のセーラー服!き…『君と僕のフューチャー』(有岡くんのソロ曲(未音源))みたいじゃん…(頭抱) 陽気なステップと軽やかなスマイル…(逆)(こちらを参照→10周年、砂時計の小休憩〜Hey!Say!JUMP I/Oth Anniversary Tour 2017 8/12 福井 1部 MC - 始まってゆくBrand New World) 前回のブレマイがど直球ダンスナンバーで前向きな歌詞の楽曲だったけど、今回はどう出るのか…?とタイトルだけではなかなか予想がしにくかった。蓋を開けたらなんとアイドルらしいポップな楽曲!振り付けも覚えてみんなで真似したくなるポーズが満載。ポップな楽曲でもキレッキレなダンスが愛おしい。ソロ曲となると個性を出したがるゆえになかなか王道には走らない中で、どちらも王道のジャニーズらしさを突き詰めた楽曲。間違いなくジャニーズらしさを継承するSexy Zoneメンバーは松島聡だと確信させてくれた。

 

・渚のお姉サマー(NEWS)

・Summer上々!!(A.B.C-Z)

・Ho!サマー(タッキー&翼)

浴衣で夏曲3連発!なぎサマは本家の振り付けを少し取り入れてくれて嬉しかった!えびさんの曲は初めて聞いたんだけど、タイトルの通りテンションの上がる楽しい曲でした。Ho!サマーはジャニオタだったら一度は生で聴きたかった曲だったので念願!!実は生で聴くのは初めましてだった。と行った後に気づいた(聴いてたつもりだった)。何だろうね、タキツバ担ではないのに踊れちゃうこの感じね(笑) 少クラってすごい。そういえば『Ho! サマー』で聡くんがメインステージに上る時に足がもつれたのかすってんころりんとこけてて、大丈夫〜〜!?ってオタクが心配してた。本当にすってんころりんって効果音つけられそうなこけ方してた。

 

・MC

ちょっと長くなりそうなので別の記事に書きます!

 

KAGUYA(NEWS)

さあ皆さんお待ちかね、ジャニオタ松島聡が本領を発揮するソロコーナーのお時間です。MCが終わってガラッと和の雰囲気に早変わり。ジュニアの衣装もしっかりしているし、扇や番傘など小道具までこだわりがたっぷり。聡くんの衣装はどうやら過去の衣装のリメイク?らしく。と言うか髪飾りが天才だよ!!何あのポニーテールみたいな!!そんで番傘さして色っぺー顔されたらこっちはもう

f:id:aishige_mari:20170902043134j:image

 とならざるを得ない。曲は原曲キーではなく2度下げて歌ってた。『BYAKUYA』もキーを下げてたし、やっぱりNEWSって高いよね…手越くん基準で曲が作られてるからね。この曲はどうやら去年聡マリ2人でやろうとしたけど結局やらなかった曲らしく、今年は念願の披露だったんだね!

 

・Hurry up!(Hey!Say!JUMP)

初めましてーーーーー!!!!!JUMP担はこれを死ぬほど楽しみにしていた。強火JUMP担である聡くんは、昨年はエロすぎて盤化されなかったと言われている『Yes!』や『BOUNCE』とかなりJUMP担的「おお!?」となる曲をセレクトしていたと聞いていたから、今年も何をやるのか密かに楽しみにしていたんだけど、まぁ〜いいセレクトだった!!敬礼!私はまだJUMP担歴が長い訳ではないから不確かなんだけど、この曲は少なくともここ3年はやってない曲。と言うかまず和風テイストをやるにあたってこの曲が思いつくのって多分かなり上級者だと思う(何の)。いやぁ〜〜にしてもね、聡くん、和服着てエロい顔して寝そべっちゃいけないよ!(訳:ありがとうございます、もっとやってください)

 

・Ghost 〜君は幻〜

和服から黒い衣装にチェンジ。この曲は少クラのあの5人でやったイメージが強くて、当時聡くんの歌割りはほとんどなかったんだけど、完全にソロ曲として自分の中で昇華しきっていた。ダンスのキレの良さはいうまでもないかもしれないけど健在で、一人でも十分すぎるほどカッコよかった。ダンス上手いって大事ね! まだ荒削りな部分もあるけど、向上心は凄く高いし、そこも含めて今の聡くんの良さだと思う。そして、今回もソロコーナーの選曲が大正解すぎたよ、聡くん。来年もしサマパラやるときは是非『Speed It Up』とか『Sweet Liar』とかをやって欲しい(願望) 次の曲への流れもとても良かった。

 

・Déjà-vu

来たぞ。マリウスに洋楽調の曲は似合わないわけはないと思ってた、こういうの待ってたぞ。英語の発音が抜群に良いのはマリウスの最大の武器。今までのソロより断然英語の部分が多いからそれを存分に堪能できた。身長が高いモデル体型だから、聡くんとはまた違ったダンスの良さがある。というかマリウスがダンス上手くなっててびっくりした。上達したね…!? STAGEで見たときはもう少しふわっとした踊り方の印象だったんだけど、今回はかなりしっかりと重力を感じる踊り方になってた。きっとトレーニングというかレッスンとか頑張ってるんだろうな。ジュニアが押してた該当のセットもムーディーで良買ったなー。曲もさることながら、あの、息切れしながらのネイティヴ発音で「I love you」って台詞の儚さやばいね(語彙の喪失) 胸の奥をぐっと掴まれてその場で倒れこみそうだった。この17歳特有の儚さってなんだろうね…。多分18歳だったらこうはなってないと思う。若さの特権。でも、音源聞いたんだけど、台詞が入ってなかった。まさか…台詞はコンサート限定の演出だったのか…『瞳のスクリーン』か…(頭抱)

 

・IF YOU WANNA DANCE

イフワナ!!!イフワナ!!!(机バンバン) 念願のイフワナ初対面!!!イフワナの醍醐味の一つに「こんなちっちゃい子達がこんな歌を歌っているのを我々は聞いていて良いのだろうか」みたいな背徳感があると思うんだけど、本人たちが成長してこの曲の等身大に差し掛かってきていて、背徳感が少なくなったから聞こえ方が全然違った。びっくり。キーは高いけど今後も原キーで歌って欲しい曲です(例:With you)。

 

・Knock!Knock!!Knock!!!

息のあったC&Rが気持ちよかった。そして音源を持っていなかった故に全くC&Rに参加できず勉強不足を痛感した。反省。普段マリウスってかなり声が高い方だからあまり声が変わったって実感する機会が少ないような気がするんだけど、この曲の「OK! Here we go!」のデフォルトがショタマリウスの声だから、今の声で聞くとマリウスの声変わりを改めて実感する…。 時の流れ…。

 

・風をきって

聞いて!!!あの伝説の!!!プリキュアの武器にタオルつけたみたいなあれ(語彙)を使ってたの!!!当時少クラでやってたのを凄く覚えてるから、もうエモーショナルがSTAGEレベル!!!本物を見られたのが本当に感慨深かった、と言うと生意気に聞こえるかもしれないけど…うん、感慨深かった(言葉が見つからなかった)。あんな小道具似合うのSexy Zoneくらいよね…。そうそう!ノクノクからだったと思うんだけど、聡マリをサンドイッチするように、赤、青、紫の衣装を着たジュニアが入ってて、完全にSexy Zoneを再現してた!2人のコンサートではあるけど、ベースに存在しているのは「Sexy Zone」と言うグループだって、2人の信念みたいなものを感じた。

 

トラフィックジャム

・雨だって

・Don't Stop Sexy Boys

 ・この手をつなごう

怒涛のセクボ&セク松(略称合ってる…?)曲。『雨だって』や『Don't Stop〜』はリリース当時結構聞いていたからなんだか懐かしかった。貴重な2人のメイン曲、今後も大事にして欲しい。

 

・スキすぎて

ほら!!!みんなが大スキすぎる『スキすぎて』だよ!!!『この手をつなごう』の間にメインステージからバックステージに移動。バックステージにはなんと、ネバギバ風のスタンドマイクが!うーん、これもまたなんだか言葉が出ないね…。途中で聡マリがポジションを入れ替えるんだけど、スタンドマイクごとえっちらおっちらと入れ替わってて、なんでそんな面倒なことするのかなって思ったけど、スタンドマイクの高さが全然違うからだね!!!

f:id:aishige_mari:20170910032048j:image

 

・Make my day

本編最後!!!お立ち台でタオルを回しながら。「めーーいくまーーーいでーーーーーーーーい!!!」の健人くんパートをマリちゃんがこれまた綺麗に歌いこなしていたからこう言う歌割り待ってますよ、ポニキャさん(圧力)。

 

曲が終わり、コンサートのハイライトの映像を織り交ぜながら、人生をテーマにした絵本の映像が流れ、聡マリのツーショットと手書きのメッセージが表示されて本編終了。…あったかい!!!あったかすぎる!!!と余韻も浸る間も無く聡マリコール。物語はまだ続く!

 

・Sweety Girl

あの!!!TLで何度も見かけた!!!もふもふ衣装!!!初めまして!!!(大歓喜) 聡マリ、またこの衣装を使ってくれて本当にありがとう(滝涙) 聡マリといえば!みたいな、アイデンティティみたいな衣装だからこそ見られて嬉しかった。そういえば聡マリでメインステージのせり出したところに座る時に聡くんが後ろにコローーンと転がってた(笑)

聡「マリちゃん大きいよぉ〜〜(汗)」

そこなの!?(笑)

 

・High!!High!!People

 メインステージ袖の階段を目一杯行き来して最後のお手振りファンサービス。袖の階段まで来てくれると結構高さがあってバルコニーでも近い!TDC最高!!!この曲でも聡くんが照明につまづいたのかこけてて、今日は聡くん足元が弱い日なのかな…(笑)

 

はける前に最後のメッセージ。

聡「今日皆さんに会えたのは運命じゃありません!愛です!!!僕がみんなに会いたいから会いに来ました!!!」

マ「みんな僕に?」

\ハマリウス〜〜!!/

最後、聡マリがお互いに負けじと投げキッス合戦みたいなことしてて可愛かった。聡マリサマパラは最後までピースフルに幕を閉じた。

 

MCと総評みたいなものは次の記事に!